冬に憂鬱になる原因と対策方法を教えます!

カテゴリー
ありがちな説明をするつもりはありません

毎年のように冬はやってきますね。その中でも憂鬱な気分で本当にどうしようもない方が居るはずです。筆者もその一人で、冬になるとそうなってしまうのは何か原因があるのではないのかと推測してみたところ、やはり憂鬱になる原因はあったようです。その前に、1つ知っておきたい事があります。季節性のうつというものをご存知でしょうか。それに該当している場合もあります。そこまで症状がひどくなくとも、ともかく憂鬱であるという方で、これまで紹介されている方法では対策のしようがないという方はこれから書くことはオススメです。

ありがちな説明をするつもりはありません

ありがちな説明をするつもりはありません

冬に憂鬱になる原因、それは気圧である

この季節毎回憂鬱だ、気分が晴れない、気力が持たない、意味も無いのに落ち込んでしまうといった症状はこの手の悩みをお持ちの方はいずれかには該当するはずです。セロトニン仮説などがあげられていますし、日の光を浴びることでというくだりをよく見たことがありますよね。あれを行ったところで解決はするはずもないです。気圧が原因なので、日の光を浴びたところで余計に悪化する人も居るでしょう。

さて、筆者が参考にしているのは「頭痛~る」というスマホ専用のアプリがありますが、それで気圧の関係を参考に出来ます。大体の場合で冬の場合は憂鬱に感じますが、低気圧の場合がほとんどであるということが確認できるでしょう。芸能人の一部はメンタル改善に年中気圧が安定しているハワイで快適に治療を行っているという事例もあります。

また、これに気づいた医療施設では特別な装置を準備して院内の気圧を一定に保つというような方法を行っていることもあるくらいで医療レベルでも証明されています。ではどうすれば良いのかというのを、後述します。

冬の憂鬱はこれで対策せよ!

見覚えがありますか?

見覚えがありますか?

前述のように、今までのサイトで紹介されている体験したこともないような方が書いたようなことを書くつもりはありません。少なくとも筆者が体験した範囲から、同じような悩みを持つ方の間で考えた方法です。

まずは、冬の憂鬱からメンタルクリニックなどを選んでしまいそうですが、これは確実にやめてください。むしろ向かうことで、年中を通して精神が悪化してしまうということになりかねません。ただし、筆者は医者ではないのでどうしても必要ならば頼る必要もあります。

ただし、安定剤などの類を出されて終わりで根本的な解決にはなりません。この季節こそ使いたいのが一時期はやったえごま油です。つらいと感じたときにはスプーン1杯を飲んでみてください。つらいならドレッシングなり、熱を加える以外の方法で飲むなら問題ありません。うつ病への治療効果もあるえごま油ですが、やはり冬の憂鬱には効きます。対策法はほとんどないとされていましたが、一部ではこのような方法で解決をしている方が居るのも事実です。

次に、マグネシウムが多く含まれている食品を選びます。なまこ、しらす、味噌、油揚げ、大豆、納豆などが特に含まれているのです。この際、カルシウムを含む食品を摂取してしまうとマグネシウムの力を打ち消すこともあるのでこの辺りを意識して食べると問題ありません。この中で特に隙と感じる食品が多い方はまさに冬の憂鬱に該当する方であり、これらの摂取を行うだけで治療効果はあるのです。

冬の憂鬱がそれでも対策できない場合

こうなると東洋医学だ!

こうなると東洋医学だ!

さて、先ほど書いたことを行っても実は対策は出来ない方も居ます。本格的に体調を崩してしまった方に該当しますね。

何度も書きますが、セロトニン関連があれだこれだと説明しているサイトはどれも仮説であるということをお忘れないようにご注意下さい。

むしろ知らずに説明しているサイトもあるので、厄介なものです。さて、冬の憂鬱に先ほどの方法でも無理だとおっしゃる方は、やっと病院に頼っても良いかもしれません。ただし、この時点でもメンタルクリニックの類はおすすめしません。行くなとまでは言いませんが、体の根本的な解決にもならず対処療法どころか思わぬしっぺ返しが来てしまうことがあるからです。

自律神経を整える漢方「カミショウヨウサン」、胃の調子を整える「リックンシトウ」これらが冬の憂鬱に対する黄金の組み合わせであることを頭に叩き込んでおくと便利です。冷え性があり、胃の調子も何だか悪いと伝え、これが効いたとリクエストすると大体もらえます。体質改善を目的として、定められた期間を試すだけで効果はあります。

また、憂鬱な気分やうつ病にも効くことがあるとされている黄金の組み合わせをお試し下さい。そして、症状が緩和した頃には先ほどの冬の憂鬱に対する対策でなんとかなるという筆者の体験談でした。