羽生結弦のいじめが発覚!病気も抱えているのに・・・

カテゴリー
がんばれ!

羽生結弦さんは日本の誇るべきフィギュアスケートの男性選手であり、生まれ持っての才能を発揮してきました。そもそもは姉の影響から、スケートを始めたらしく中学校1年生になるころにはすでに日本で3位に輝くというかなりの好成績を残してきたほど。そんな羽生結弦さんは学校ではいじめを受けていたことが発覚したようです。さらに、病気も抱えているらしく何の病気か検証してみようと思います。大体噂どおりのものですが。

がんばれ!

がんばれ!

羽生結弦さんのいじめ発覚の経緯

心無い発言・・・

心無い発言・・・

羽生結弦さんのいじめが発覚したのは同級生のTwitterからの発言です。篠原愛水という方がどうやらいじめの画像を流したようです。その後心無い発言の数々で羽生結弦さん本人はかなりのショックを受けたはずです。そのが、次々にユーザーの検証が始まり椅子には食べ物が乗せられた画像が堂々と貼られていました。しかも、椅子の周辺には食べ物の一部がさらに散らばっている状況です。いじめとしか言いようがないですね。これに対してネットユーザーの意見は「嫉妬しているのかもしれない」「いじめられそうな雰囲気だもんね」「この女性は今後どうなるのか」「タチが悪すぎる」といったような意見が流れています。実際にこの年代になるといじめには変わりがありませんが、有名人にこういうことをしてやったという武勇伝のように思っているのでしょうか。少なくとも筆者にこの心情は理解できませんが、羽生結弦さんが有名人ではなくともこのようなことはやめておく方が良いですね。大人になってから思わぬしっぺ返しが来ることもあると思います。しかし、羽生結弦さんはいじめのことに対してこう語っております。みんなの好き嫌いはあるし、それはあっても構わないけどなるべく楽しい生活にしていこうという内容です。実際、この発言がされたのは2015年9月28日であり、いじめからは逃れられたとされています。しかしながら、悲しそうな顔をしていることから未だに心の傷は深いでしょう。そして、結果的にインターネットでこのように広がりましたがいじめは立派な犯罪であり、知らなかったで済まされる問題でもありません。

羽生結弦さんの病気について

日本どころか世界中に自分の男らしさをアピールしている羽生結弦さんですが、どうやら喘息を持っている様子です。参考までに筆者もかかっていたことがあるのでどのような状態か紹介しますと、運動を行った後などに息苦しくなります。恐らく喘息ではない方には想像を絶するほどの病気です。ちょっと苦しいかなという感じでもなく、全力疾走をしてかなりの息切れをした後に布団などに顔をうずめているというくらいの表現が正しいのです。喘息はそれくらい辛い病気なので、身近にそのような患者の方が居る場合は無理を強いないようにしてあげることが良いでしょう。しかし、この喘息って何が原因で起こるのかと言われると、治った今でこそ言えますがストレスです。ストレスとアレルギーは実はかなり深い関連があり、実際に羽生結弦さんはいじめを受けているということからこの関連性は否定できません。周囲が症状を誘発している病気でもあるのです。ストレスの指数は人それぞれであり、ストレスに対してどのような意見を持つかはこれまた人それぞれでありますが、不必要なストレスやそこから誘発させる喘息に今も耐えているかと思われます。小さな規模ではなく、大きな規模で応援してあげることがこれからも羽生結弦さんが活躍していくきっかけになるかもしれません。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告