羽田圭介を簡単に性格などまとめてみた

カテゴリー
羽田圭介の受賞時

羽田圭介さんがなにやら話題になっている様子ですが、イマイチどのような人なのか分からない方も多いのではないでしょうか。性格の良し悪しの噂があったり、ユニークな人で面白そうというような話題があったりです。アウトデラックスではその様子が放映されていましたね。以前からこのような方なのですが、同じような舞台に立つ又吉さんが大きく目立った報道などが行われているために羽田圭介さんがあまり目立たなかったというのもあります。さて、そんな彼の性格などを簡単にまとめてみましたので、まだどのような方か分からないという方は参考にしてみて下さい。

羽田圭介の受賞時

羽田圭介の受賞時

羽田圭介の性格はどうなの?

三度目の正直なのか、芥川賞を無事受賞した羽田圭介さんですが、かなり面白い発言をしています。割とお金にシビアな方だそうです。ある時は本屋さんで自分のことについてポップで大々的にピックアップしてくれていたところを見つけるとなんと、直筆でサインしたとのこと。全てはお金に絡みがあるそうで「正直お金のためにやっている」とテレビでは放送されました。また、この点の収入についてはテレビでやはり放送されたらしく印税では1300万円を少し上回る金額があるようです。しかし、お金の面ばかりがこのときは取り上げられていましたが、逆に人間味があって筆者はこの性格は嫌いではありません。芥川賞を受賞する時には、メイクなどに時間をかけて芸術性を現したと称賛しているサイトもあるようですが、単純に又吉さんより目立ってやろうという試みがあったのかもしれません。受賞前にも色々なことを行っていたようで、これまでに努力が実らなかったことは何度もあるようです。しかし、それにもめげず頑張っていたりこのような行動に出るということはかなり努力する性格です。

また、作品タイトルなどにも性格は現れています。どれも魅力的なタイトルで、「不思議の国の○○○(丸の部分は自粛)」というユニークなタイトルや、「トーキョーの調教」というようなタイトルなど、かなり目を引きます。以前にはタイトルに不備があったというかかなりの衝撃を受けるためにタイトルを変更するようにとクレームがきたこともあるようです。あえて筆者はここでそのタイトルでいくと面白かったと思いますが。一見ユニークな性格と思われがちですが、やはり単純にユニークなだけではこの人の性格は語れないと思います。このように世間に目立つためには結構な努力が必要です。お笑い芸人ではありませんが、芸人らもまた面白いことをするための努力は惜しみません。

面白い事をするためには努力が必要です。しっかりと目標が明確になった努力ができる性格なので今やメディアに取り上げられて、羽田圭介さんも一安心してそうですね。ですが、これが一部の方にはあまり受けていない様子です。嫌いと言われる方も居るようで、これは恐らく性格から評価したものでしょう。しかし、よく考えてみましょう。こうやって一部の方がマイナスに騒ぐだけでも一部の方はむしろ興味を持ちます。本当に嫌いな性格ならばあえて騒がないのも1つの手ですが、筆者自身この方は調べていると段々嫌いどころか、好きな性格だなと思いました。

羽田圭介という人を簡単にまとめてみる

才能はかなりありそうです

才能はかなりありそうです

羽田圭介(はだ けいすけ)さんは小説家であり、明治大学商学部を卒業しました。生まれは1985年の10月19日です。以前は、自転車が好きで高校生時代にはなんと40kmを毎日走るということを行っていました。東京から北海道まで走ったこともあるらしく、かなりの努力と根性が必要です。大学在学中には、「黒冷水」を残しており賞は無事受賞できたようです。その後もいくつかの賞を狙うべく頑張っておりましたが、芥川賞候補としてまでは行ったようです。

しかしながら、数回ほど受賞には至らず、その後受賞で現在という感じです。流れからメイクをして芥川賞を待っていたというよりは、実はメイクをしてカラオケをしている時に受賞を知ったというのが正しそうです。まとめているときに気づきました。