水木しげるさん死去!死因は心筋梗塞か

カテゴリー

ゲゲゲの鬼太郎などの有名作を生み出したことで知られる水木しげるさんが本日(2015年11月30日)に都内の病院で亡くなっていることが分かったようです。死因は心筋梗塞とされておりますが、同月11日には自宅で怪我をしており入院をしていたことが明らかになっていました。水木しげるさんは小学校卒業後すぐに漫画家を目指すべく、働きながら本業についても学び、紙芝居で生計を立てていた時期もあるようです。

マクドナルドを食す水木先生

マクドナルドを食す水木先生

水木しげるさんの死去、死因は心筋梗塞だった

年配で有名な方は最近心筋梗塞で亡くなっていますね。水木しげるさんもその例外ではなかったようです。心筋梗塞とは、血圧が高い人や、コレステロールが通常数値より高い人、運動不足や肥満によって誘発されてます。また、家族でそのような病歴がある方はとくになりやすいとされているようです。水木しげるさんの場合は、今回は93歳という比較的高齢で亡くなってしまいましたが、老衰ということもあるでしょう。比較的コレステロールの値は一般の偏りは高そうな食事をされているイメージが多い方も居るのではないでしょうか。

さらに、仕事をガンガン行う性格であり責任感がとても強い方はそうなることもあるようです。心臓がストレス状態になってしまったときは、いくら血圧が低い方でも心臓がバクバクとなってしまうようなことはあると思います。これが直接的な死因にはなりませんが、心筋梗塞になりやすい状態の一つと言えます。歳を召されているにも関わらず、水木しげるさんは漫画などでかかるストレスは結構大きそうなイメージはあります。実際にそうだと思います。

そして、前兆として胸に痛みを感じたり、左手の小指に違和感や痛みを感じたり、呼吸が苦しくなったり、吐き気が起こることもあるようです。先日心筋梗塞で亡くなった有名人も同様の症状を引き起こしていました。しかし、元気にバリバリ働くには食べるということは必要です。そして、心臓などの内臓もしっかりと動かす必要があり、歳の割りに牛丼やマクドナルドを食べるというのはかなり元気な証拠でもあります。結果的に死去という形でニュースで報道されましたが、そのような方は苦しむ時間も比較的短い覚えがあります。筆者の祖父も激しい時代を生き抜いてきており、ご飯をしっかり食べていました。亡くなる数日前まではラーメンを食べるというようなまだまだ生きれるのではないだろうかと期待を持たせるような元気さでしたが意外と亡くなるまでは早かった覚えがあります。歳を取るとやはり血圧が高くなってくるのは必然的ですね。特に今は12月を迎えようとしており、冬の本番に差し掛かりました。実はこの時期は心筋梗塞がかなり多いのです。有名人に関わらずこのような方は冬場に爆発的に増えております。

なので、先ほどの症状などがあるご家族が居る方は気をつけてあげる必要があります。お風呂の温度は低めに設定し、入浴時間を短めに、寒暖の差をなるべく作らないことや、高齢になればなるほど防寒着はしっかりとする必要があります。入院すると体はさらに衰弱するもので、水木しげるさんの死因となってしまったにも温度調節の問題が関係していると思われます。病院は万人向けの温度管理になっていますが、その中でも寒いと感じる反面、暑いと感じる方も多いはずです。そういったどうしようもない問題でも心筋梗塞が起こってしまう原因となり、直接的な死因にもなってしまうと考えられます。

食べる人は元気です

食べる人は元気です

水木しげるさんを改めて振り返ってみよう

水木しげるさんは、漫画家でありながら当時は戦地に向かっていた方です。そこで、漫画家としての才能を発揮したこともありました。出身は鳥取であり、生まれは大阪、活動は東京という感じで様々な場所を渡り歩きました。名前は当時住んでいたアパートの水木荘から取ったもののようです。武蔵野美術大学に入学するも、何か違和感があり中退という道が好転を成したようです。とにかく食べることが好きであり、ズイダというあだ名がついていたようです。何でも食べるようなちょっとアレな人みたいなニュアンスです。しかし、大食いの方はなぜか健康的であったり、それが直接的な原因で死去というニュースは流れません。また、座談が面白いということでスタッフが用意したテレビ出演にては内容を無視しながらテレビのフレームをはみ出してしまうほどダイナミックな表現をされたという面白い過去もあったようです。そんな有名な水木しげる先生ですが、過去には海外の小説などをパクって出版したこともあり、後に指摘されましたが廃盤となったこともあったようです。当時著作権という言葉すら浸透していなかったこともあり、悪気はなかったようです。