大根の驚く効能とレシピ集!

カテゴリー
大根について改めて

秋や冬といえば大根が家庭で大活躍する時期ですね。しかも、旬の野菜というのは安いのです。買わない手はありません。ここまでは普通の話ですが、旬の野菜といえばおいしく栄養価もそれなりにあります。さらに、驚くべき効能もあるので最後まで読むと大根をスーパーに買いに行こうかなという気分になるかもしれません。そして、やはり大根の効能を知るとおいしく食べるためにはレシピが必要ということで筆者が食べているものをピックアップしてみますね。

大根について改めて

大根について改めて

大根の効能を知ってみよう

大根は主に根野菜でありながらもダイエットに効能があるとされています。どういうことなのかというと、大体の根野菜を思い浮かべてみて下さい。にんじんやゴボウなど簡単に思いつきますよね。実はこれらは糖質であり、ダイエットに向かない食品とされています。しかし、大根だけは例外です。糖質の含まれている割合もかなり少なく、ダイエットに使えて秋や冬の時期はとても安いということから着目できます。1つ注意しておきたいのはダイエットに糖質制限と大根の効能を考えた場合には切り干し大根というものを買うのはやめておいた方が良いです。パッケージを見てみると糖質の割合がかなり多いことがお分かりいただけるかと思います。切り干し大根の煮物ってとてもおいしいのですが、糖質視点から考えると予想外の効能があるのでそちらには要注意です。さて、ダイエットだけではありません。

胃腸の調子が悪い方には是非大根をオススメしたいものです。消化酵素も含まれているためにうまく消化を促進してくれる効能があります。高カロリーになってしまいそうな食事や肉と一緒に食べるようにするとしっかりと消化を促してくれるので翌日の胃もたれということが少なくなるかと思います。他には、風邪に効能があるとされていますがなぜ効果があるのかと聞かれると説明できない方も多いはずです。初歩的な栄養素から考えるとビタミンCの割合がとても優秀です。皮に近ければ近いほどそれらの割合は多いとされており、真ん中の部分の2倍以上も含まれております。

もう一つ重大な栄養素があります、それはカリウムです。これは何なのかと思われたり、意外と重視されていない方が多いのです。日本人にはとても必要な栄養素の1つであり、むくみ改善の効能があるとされています。元来の日本人の食事を考えると塩分の割合がとても多く、これらの結果むくみが出てしまいます。筆者の場合も塩分の高い食事が続くと簡単に1kgくらいは体重が増えているので驚きです。そこで、活躍するのがなんと大根なのです。ダイエットにも向くし、低カロリーでありながらお腹いっぱいになれるという素晴らしい効能ばかりです。ちょっと、買いに行きたくなりますよね。この時期は筆者もお世話になりっぱなしです。

大根のおいしいレシピを5個ほど紹介/h1>

・柿大根

柿大根

柿大根

必要なもの:大根、マヨネーズ、塩コショウ、柿、鶏ささ身もしくはツナ缶、お好みでキュウリ
作り方:まずは、大根と柿を適当な大きさに切ります。千切りの太いバージョンくらいでどちらも切ると最高です。次に、鶏ささ身を茹でるか焼くかはお好みです。特にカロリーなどは気にされていない場合はツナ缶を入れておくと良いです。食感の変化を味わいたい場合は、鶏ささ身を焼いてみるとこれまたおいしいものです。そして、出来上がった鶏ささ身をほぐして千切りにした大根や柿と一緒に混ぜます。そこにマヨネーズと塩コショウを混ぜます。このあたりの比率はわりと適当でもおいしいです。さらに混ぜて出来上がりです。実はシャレた居酒屋でのメニューなのですが、意外な組み合わせなのにとてもおいしいのです。

・最強の大根の煮物レシピ

おいしいよー

おいしいよー

必要なもの:大根、だし、醤油、みりん、料理酒、砂糖、卵
作り方:まずは、ゆで卵を作る必要があります。大体沸騰した頃から12分くらい温めるとベストな温度でしょうか。その間に大根を3cm~4cmくらいの輪切りにしておきます。これで大体の下準備は完了です。あまり分量は考えずに、ダシを入れてしょうゆ、みりん、料理酒をすべて2:1:2くらいの割合で入れておきます。そこで砂糖で味を調える感じで大体はOKです。ちょっと甘いかなくらいだと丁度良い感じで、ご飯のおかずにしたいならば甘辛い程度でOKです。あとはこれらを圧力鍋で調整しながら煮込む感じで問題ありません。普通の鍋で調理するならば水分は多めにしながら、20分くらいを目処に煮込むと最高のレシピになります。

・ずぼらな大根レシピ

あくまでイメージです

あくまでイメージです

必要なもの:大根、味噌(たったこれだけ)
作り方:かなりシンプルです。しかし、1つ面倒な手順があるのですが大根の効能を生かすためにも表面はしっかりと洗ってください。今回は皮ごと利用してしまいましょう。これでもかというくらい大根の表面を洗って、あとは5ミリ程度の大きさでサクサクと輪切りにしていきます。お皿に適当に並べた後には、味噌を適当に乗せて完成という究極の手抜きレシピですが、これが意外とおいしいのです。手抜き感を出したくない場合はダシなどでもう少し大きく輪切りにしてダシで大根自体の味を調えておくと良いのですが、本来の手抜きレシピではないのでこういう方法もあるよというくらいです。

・さっぱりオクラ大根

低カロリーです

低カロリーです

必要なもの:オクラ、大根、めんつゆ(鰹節と梅でさらにおいしさもアップします)
作り方:オクラをまずは簡単に処理しますが、鍋の中で1分も煮込めばかなり良い感じになります。そして、大根を千切りにして冷ましたオクラと混ぜ合わせておきます。そこにめんつゆをかけて出来上がりです。先ほどの手抜きレシピの1つとして見ても良さそうですね。さて、ここでもう人手間加えるとおいしいです。梅干を適当にちぎって、鰹節を混ぜ合わせると素敵な夏のレシピに変化します。疲労回復にも役立ち、ダイエットのお供にもなります。

・大根&サーモン

これはオススメ

これはオススメ

必要なもの:大根、サーモン、浅漬けの素
作り方:大根をサーモンが巻けるくらいの大きさに切っておきます。必要な数だけ出来たら、それを浅漬けにしてしばらく待ちましょう。その間にサーモンも下準備しておきたいところですが何の準備も必要ないです。あとは、浅漬けした大根でサーモンを巻くだけでかなりおしゃれなレシピでとてもおいしいです。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告