8.6秒バズーカーの現在は?由来や在日疑惑は知ってた?

カテゴリー
過去の有名な人

8.6秒バズーカーというと、いきなりのブームに戸惑った方も多いのではないかと思います。筆者は確かに聞いていると耳に残るネタを残しますが、実はどこが面白いのか分からないということもあり、どうしてこんなに人気になったのかということや現在が気になり調べた結果を書いたりしてみます。また、コンビ名にも由来があるらしくそれはすでに騒がれている恐ろしい理由と、在日疑惑などもありました。改めてどうなのか知りたい方や今更なことも書きます。

過去の有名な人

過去の有名な人

ところで8.6秒バズーカーの現在は?

ラッスンゴレライで有名な8.6秒バズーカーですが、現在は跡形も無くメディアから消えたと思いきや、よしもとの劇場情報を見てみるとほぼ毎日近く、どこかでは何かしらの活動を行っているようです。しかしながら、あまり目にしない芸人と活動しているので昔ほどの影響力はなくなってしまったと確実に言えることです。しかし、最近は子供にはウケるのかというトピックで放送もされたようです。

現在こそ目にしないものの、8.6秒バズーカーというコンビが流行った当時は子供がよく真似をしていたのを今でも鮮明に思い出します。筆者が存在を知ったのはむしろ子供からであり、テレビはあまり見ないのですが、子供には当時は確実にウケていたでしょう。しかし、ブームも一時的なものです。とある情報から色々な疑惑が持ち上がり、現在テレビにあまり出なくなったと予想できます

。それは後述するコンビ名の由来や在日かもしれないよというものや、隠しきれない偶然なのか必然なのか分からない噂からなのです。

8.6秒バズーカーのコンビ名の由来と在日疑惑

問題のポーズ

問題のポーズ

コンビの公式的な見解によると、8.6秒という数字は50m走をしたときにはまやねんが当時の記録が8.6秒ということに由来するというものに加えながらそれだけではインパクトにかけるのでバズーカーという名前をつけたそうです。しかしながら、これには別の由来もありました。1945年に起こった日本では記憶から消そうにも消せない出来事である、原爆の説から起こったものです。投下された日も8月6日でした。しかし、これだけではたまたまなのではないかという見解になってしまいます。ネタの中で「ちょっとまって」というフレーズがありますが、当時使われた航空機であるB29には「CHOTTO MATTE」という航空機が存在したとされています。いやいや、ここでも偶然かもしれないと筆者も思っていました。

問題は、ネタでよく使われるラッスンゴレライですが、原爆を投下するときに使う暗号がそれにあたるとされています。偶然も重なりまくるとそれは必然というべきでしょう。由来については現在も公式的には否定しているみたいです。しかし、さらに原爆ネタと引っ付くようなものがさらにありました。すでにご存知の方も居ると思いますが、とあるポスターです。長崎の平和記念像と、広島の原爆の像とコンビの決めポーズがよく似ているとされているようです。確かに似ている部分もありましたが、完璧ではないにせよちょっと気味が悪いですね。

さらに、デザインも修正漏れなのかどうなのかということになりますが、ポスターの指の影が5本から6本になっているということで現在の日本の放射能での被害を皮肉に取りネタとして扱っているのではないかという疑惑まで持ち上がっております。たまたまが続くと本当に怖いですね。また、8.6秒バズーカーは在日ではないかという話題も持ち上がっています。偶然が続いていると考えることに加えながら、闇の深い芸能ネタを考えるとやはりこのネタは欠かせないものです。特に、日本に対する軽蔑視した思考をしたTwitterでの発言が話題になっており、これを決定付けたようです。はまやねんがTwitterでアカウントが発見されていない当時に、一部のユーザーに発見されたのがキッカケとなったようです

。これで、在日疑惑から確信に至ったユーザーも多かったのではないでしょうか。在日ネタは芸能ネタとセットになりますが、ここまで明らかになると不思議な気分になります。そして、隠しきれない事務所や芸能界は現在はメディアから一旦引かせるということが必要になるでしょう。しかし、筆者が一番思うのはここまで一般人を騙しきったというのはかなり凄いことだと思います。決して褒められたことではありませんが。