芦田愛菜は現在引退していない、テレビ出演も

カテゴリー
全盛期の芦田愛菜

芦田愛菜さんこと、一時はかなりのブームで世間を騒がせました。子役であり、「マルモのおきて」や「明日、ママがいない」でかなりのブームになりましたね。しかし、一部の層では嫌われていたのです。子供らしくないということや、完全に作られたイメージであり男性側は割と好印象ではありますが女性側となるとかなりの大ブーイングになっていたということもあるようです。同じ女性としてすでに敵視しているのではないかという男性側からの擁護意見でさらに話は・・・という感じに。そんなことはさておき、現在は引退もしていないです。それどころか、テレビに出る機会は徐々に増えてきているので別の方向で活動しています。

全盛期の芦田愛菜

全盛期の芦田愛菜

芦田愛菜が現在は引退していると思われているワケ

視聴率14%というかなりの数字を出しながら「明日、ママがいない」の放送がスタートしたことにワケがありました。これが引退のきっかけになったのではないかと騒がれているものです。そうはいえど、放送をすべて視ている方はすでにご存知だと思いますが、そうではない方も居られると思うため、念のため放送内容をここで一度整理します。内容としては芦田愛菜さんがドラマ中で色々な事情によって親と離れなければいけないという完全なる理不尽な状況からさらに自動養護施設へ入らなければならなくなった。そして、その生活で世の中から冷たい視線を受けつつも現在は頑張ってますぜというような内容です。

内容がデリケートなだけにかなり騒ぐ人も居ると思いますし、子供からの視線でもストーリーが画かれているので、斬新な放送内容となりました。この手の内容になると一部の団体が黙っていません。「こうのとりのゆりかご」という団体がドラマ内容に対して人権侵害だとあれよこれよと騒ぎ立てたのが引退騒動の発端となりました。この団体は赤ちゃんポストなるものを設置しておりますが、それもまたどうなのという意見もあります。そんなこんなでBPOへ通報しそうになったということです。理由としては、施設の現状に誤解を与えるという内容でした。

しかし、大人の事情を考えると本当のことがありすぎて儲けが減ってしまうじゃないのという誰にも言えなさそうな事情ってのは少なからずあると思います。こちらの団体ではなくとも、その他の視聴者が実際このような展開でもないしという声が上がっているようです。しかし、そのような発言をするかと思えばそうでもない方も居ます。ドラマが全部本当と捉えている人は少ないということや、ドラマに真実を求めても仕方がないという意見もあります。ごもっともですね。仮に医療現場のドラマを見て常にこういう展開があるのかとなるとそうではないということは誰でも分かると思います。芦田愛菜さんがこのような世間の意見から現在は引退しているのではないかということに飛躍したようですね。

演技としてみれば芦田愛菜さんは周りの子役からするとすごいということや、名誉なあだ名をつけられるくらいかなりのスキルを持っていることがやはりすごいですね。生まれ持ったものではなく芦田愛菜さんは現在も変わらずともかなりの努力をしているようです。さらに、将来の夢を語った時には化学者になりながらも、女優さんになりたいという意思を子供ながらに抱いています。果たしてあの年頃で将来の夢に向けて頑張っていた方はどの割合くらいでしょうか。恐らくほんの一握りでしょう。子役全盛期も想像を絶する努力を行っていそうですね。そして、それは現在も変らないと思います。

芦田愛菜は学校生活も引退後は順調?

現在らしい

現在らしい

引退と書くと語弊がありますが、活動がかつてのラッシュ時を考えると引退に近いぐらい放送回数が減ったので、そのような意味での引退と書いておりますことをご了承下さい。さて、ここで言う引退後ですがその後は学校をかなり優先して頑張っているほどです。先ほど書いたように将来の夢は化学者として頑張っていくとの事でした。しかも女優をやりながらということで、その1つを子供ながらにすでにかなえているのはすごいですね。それどころか、今後引退をしてしまったとしてもしっかりと世間で活躍していけるので、芸能界一筋で頑張っている人よりも根性があり、現実をすでに見ていそうですね。そういった意味では学ぶのが早すぎて少し、可哀想になってきますが。現在は学校生活もかなり順調であり、勉強もそれなりに頑張っているということで、頑張ることに関してはかなりの才能がありそうですね。子役でもやはり頑張りの結果が演技として現れました。そして、現在もやはり頑張ることを中心に夢に向かっているのだと思います。