布川敏和と土屋かおりの離婚、子供の病気も・・・

カテゴリー
病気の次女

2014年の6月に布川敏和と土屋かおりさんが離婚しました。シブがき隊のメンバーでもあり、22年という長いような短いような中での付き合いは終了したようです。実は離婚の理由というものはハッキリ世の中に出ていないようです。今回は土屋かおりさんの浮気による物ではないかとの見方や、そうではなく夫である布川敏和さんが何もかもやらせていたので離婚になって当然という意見もありました。さらに、苦難は降りかかり子供も病気にかかってしまうというような噂もあります。果たして本当なのかどうなのか検証していきましょう。

布川敏和

布川敏和

布川敏和と土屋かおりの離婚の理由とは?

確定していないことを問い詰めたりするのは中々難しい物ですがあえて考えてみましょう。ネット上では様々な意見が飛び交っており、芸能界というものも中々奥が深いものです。布川敏和と土屋かおりさんが離婚したその理由の1つとして、やはり浮気の線もあるということもあるようです。2014年5月の離婚前に土屋かおりさんは飲食店を経営する男の人と手を繋いでのデートがあったということで、それに対して取材した報道陣に対しても「この人は大事な人」という風に伝えているようです。

それを確定づけるかのようにその翌月に離婚ということを行ったようです。一方の布川敏和というと土屋かおりさんに何でもやらせていたということを行っており自業自得だという意見が圧倒的多数でした。さらに、布川敏和さんも実は浮気を行うという状況でお互い何かと合わなかったようです。結果的に奥さんである土屋かおりさんはその状況に嫌気がさして新しい男性の元へ向かうという決断を行った様子です。そんなこんなで離婚した後には布川敏和さんが言うには離婚後にうつ状態なのか、そもそもうつ病であるのかは分かりませんが、恐らく前者でしょう。うつ状態になったと言っているようです。

引きこもりになり、何をするにもおっくうになり、掃除も何も出来なくゴミが溜まっていく一方だと発言していたようです。しかし、考えてもみてください。何もかも土屋かおりさんに任せっきりということはこの状態が本来であり、何も出来ないというのは当然の状況です。仮にこれらを全てこなしていたりそもそも出来る能力があるにもかかわらずこうなっており、なおかつ動くことができないとなる状況でうつ状態やうつ病というのはあり得ます。さらに、離婚後は布川敏和は未練があってかなり辛い状況だと発言していました。そりゃ、何でもやってくれる奥さんが居ると未練があるでしょう。もしくは、奥底では使い捨てという感覚なのでしょうか。ちょっと神経を疑ってしまいますね。

それだけじゃ状態や病気の説明としては薄いという方も居られると思います。そんな状態にあるにもかかわらず、なんとハワイでの写真をブログにアップしていたそうです。現地ではこれまた別の女性と楽しくしていたという様子でうつ状態にあるとしてもちょっと説明はつきません。あえて言うならば、うつ状態の逆を行く躁状態ですね。

子供の病気もあった?

病気の次女

病気の次女

子供の構成は1人の男、2人の女です。次女に当たる方が生涯があるのでは無いかという噂になりました。病気の診断名は頭蓋底奇形腫と呼ばれるもの。想像がつかない方も居られると思いますのでもっと分かりやすく書いてしまうと、難病指定されているものです。賞譲与しては喉の奥に腫瘍が見られ、固形物どころか液体も飲み込むことが難しいというものです。そうなると、食事が出来ないので別の方法で栄養を摂取しなければなりません。さらに掘り下げるとこれには良性と悪性のものがあり、今回にいたっては前者だったようです。基本的な治療は手術です。布川敏和さんの娘は4歳まで治療を受け、現在は回復しているとの事です。これはこれで結果的に考えると良かったですね。どのような理由であれど離婚してしまったのは子供にとっては残念ですが。