橋本マナミが年収1億円の彼氏と別れた理由は?

カテゴリー
橋本マナミ

橋本マナミさんは今や一部で人気を集めているようです。今回年収一億円の彼氏と別れた理由について考察していきたいと思います。その前に、本人の性格についてですが人と接することが苦手であり、何かと引っ込み思案な過去があった様子です。しかし、それは小学生の高学年までの話であり、6年生になる頃には先生に学級委員になってみないかと提案されて実は人前で注目されることは快感なのではないかという自分の隠れた才能に気づいたようです。そこで、メディアにも出ることを考えるようになって引っ込み思案は治ったかのように思われました。しかしながら、それは今回紹介する年収一億円の男性と少し関係がありそうです。

橋本マナミ

橋本マナミ

橋本マナミが年収一億円の男性と別れたのは性格?

本人の好きな男性の性格に関しては、厳しすぎない人や、落ち着いている人が好きとのことです。また、負けず嫌いという性格でもあります。ここのあたりの性格が彼氏と別れた原因なのでは無いかと予測されているようです。どういうことなのかというと、年収をかなり稼ぐ人の多くは負けず嫌いであり、自分にも厳しいという傾向があります。これだけで橋本マナミさんの好きな男性から外れてしまいますが、負けず嫌いというものが関わってきたのでしょう。

ここのあたりはやはり芸能人と言えど人間なものです。周辺の人物とうまく差をつけたかったのか、それが裏目に出てしまったようですね。さらに、付き合ってみると奴隷のような生活が待っていたということもあるようです。職業が職業なので、どのような方法で奴隷っぽく扱われていたのかは想像に任せたいものですが本人が断言するほどなので想像をはるかに超えて憂鬱な展開ということもありそうですね。そうだとすると、別れてしまうのは当然です。さらに、性格を検証してみましょう。本人は常に物事を全力でこなして社交性があり、一貫性もあるということです。もっと分かりやすく言ってしまうと、信念がありそれに向かって突き進みつつ回りの情報もしっかりキャッチできるタイプのようです。しかしながら信念がある人は頑固とも取れるようで、自分が一回こうするべきだと思ったことは中々のことがないと覆らない様子です。

橋本マナミさんも恐らくそのタイプなのでしょうか。プライベートでも突っ走ってかなり痛い目を見るまではストップがかからないということもこのタイプの方にあるような隠れた問題でもあります。実際に筆者がそうなので、恐らくそうでは無いかと思い書いてみましたが理由についてはまだ雲隠れしているようです。

その他、前述で人前にて注目されることはかなりの快感だということを公言していたようですが、ネガティブ思考ということも公言しているようです。恐らく今回は後者のことがメインで起こったのではないかと予測できます。年収一億ともなると、かなりの自信が付いているころです。それに反してその周辺にネガティブな人が居るとどうなるでしょうか。恐らくそれを嫌ってしまう方もいるでしょう。さらに当時の彼氏も余裕でそれほど稼いでいるというわけではなく、必死に稼いで年収一億円である可能性があります。そう考えると心にも余裕が無くなってくるのは人として当たり前のことであり、数学どおりのマイナスとマイナスではプラスにならずマイナスになってしまいます。

そういう時は誰しもマイナス思考の人を避けてしまいたくなるものです。日本の景気が悪くなってからお笑いがブームになっているのもそれが思いっきり物語っているようです。暗いときこそ明るくというのが日本人の隠れたテーマなのでしょうか。話が壮大になってしまいましたが、橋本マナミさんが年収一億円の彼氏と別れた理由としては、性格からくるものでネガティブであることが原因。さらに、先ほど書いたことをまとめてみるとプライドが少し高く更なる物を相手に求めてしまったということもありそうですね。考察段階であるので情報の確実性は保証できません。

それより結婚願望とかあるの?

過去に苦い思い出をハンドか繰り返してきましたが、先日東京で行われた東北の活性化イベントに出演した際、カレーを食べたそうです。その時に彼氏にカレーを作った思い出を話した様子です。カレールーを入れすぎてドロドロになってしまったが、おいしいと食べてくれたと当時を懐かしんでいた様子もあります。前に向かって現在も突き進む計画があるのでしょうか、性格からくる野望なのでしょうか。現在は彼氏が居ない状態で募集しているとのことでした。結婚に関しては父親のような方があらわれて結婚したいというような発言も見せたようです。お父さんも聞いてしまうと思わず複雑な気持ちになってしまいそうですが、自分を尊敬してくれているという意味では自慢の娘かもしれませんね。