トロガツオとは?おいしいレシピも紹介♪

カテゴリー
kf

トロガツオとは何なのか分からない人も、そもそも見たこともない人も居るはずです。そもそもの見た目はカツオと変わらいどころか、カツオそのものです。しかし、これまでの違いと言えばピンク色に近い色になっております。基本的に東北付近や、ニュージーランド付近などでで釣り上げられたかつおですが、トロという名が付くだけに油の乗りはかなりのものです。どこで取れたというのは厳密にはありません。残念なことに、市販のものではトロガツオという表記は無く見分け方は値段になります。何も無いのにこれまでのカツオより高いなとか、おいしいなと感じたカツオはトロガツオにあたる可能性が高いです。

kf

トロガツオをもっと知ろう

最近はテレビでも着目されているようです。冷凍されて業者や皆様の元には送られてきますが、普通のカツオと違ってとても切りやすいという特徴があります。ランク付けの方法として刃で切りつけて脂の乗りを確認しているところがあります。魚特有の脂臭さなどが苦手な方はたたきにすると、食べやすさが上がるとも言われていますがこれはカツオそのものにも言えることですね。値段は意外と高いものでなんと550グラムで4,500円くらいの値段とトロの名に恥じない値段設定です。旬については8~10月と言われており、お読みの方も聴いたことがある戻り鰹なんて言われたりもします。さて、トロガツオの魅力を知ったところでいよいよ食べ方についてですが、普通はたたきや刺身にして食べることが有名です。しかし、もっとおいしい味わい方もあります。それは、たたきにするところまでは一緒なのですがシンプルに塩で味わうことでこれまでの食べ方を一新した方法です。口の中に広がる脂とトロガツオのハーモニーがとてもたまらないと筆者は感じています。

トロガツオのおいしいレシピ

さて、トロガツオを見つけたり買った方はいろいろな方法で調理してみましょう。市販のものでは値段設定がいつもより高い場合がトロガツオの可能性が高いのでそちらを考えてこちらのレシピなども組み合わせてアレンジしてみてください。

・トロガツオのしょうゆ漬け

トロガツオのしょうゆ漬け

トロガツオのしょうゆ漬け

必要なもの:トロガツオ、すりおろしにんにく適量、醤油大さじ3、白だし大さじ1、しょうがチューブ、タマネギスライス適量、塩、三つ葉
1.トロガツオを3~4ミリ程度にカットしていきます。
2.先ほどのものとにんにくと醤油を混ぜ合わせて30分程度放置します。
3.タマネギスライスを塩でもみ、しんなりとさせます。
4.出来上がったトロガツオとたまねぎスライスやにんにくしょうゆをかけて、三つ葉をトッピングして出来上がりです。

・トロガツオの大葉チーズ巻き

トロガツオの大葉チーズ巻き

トロガツオの大葉チーズ巻き

必要なもの:トロガツオ、チーズ、大葉、わさび醤油
1.トロガツオを生ハムチーズみたいに巻けるようにスライスしておきます。
2.チーズを大葉でまいてさらにそれをトロガツオで巻いて出来上がりです。

・トロガツオ丼

トロガツオ丼

トロガツオ丼

必要なもの:トロガツオの角切り、アボカド適量、大根適量、青じそ適量、刻みネギ、しょうゆ適量、ご飯
1.大根をするおろし、青じそを千切りにします。
2.トロガツオを角切りにしておきます。
3.ご飯を丼ぶりなどに盛り付けておき、その上に先ほどの青じそをのせて、アボカドを角切りにしてそれも乗せます。
4.大根おろしをかけ、刻みネギをぱらぱらとふりかけたら完成です。

・トロガツオで元気サラダ

トロガツオで元気サラダ

トロガツオで元気サラダ

必要なもの:トロガツオ、たまねぎスライス適量、納豆1パック、めかぶ1パック、みょうが1つ、青じそ適量
1.カツオをスライスして、たまねぎスライスをしばし水につけておきます。
2.納豆やめかぶを混ぜ合わせ、納豆パックについているタレの類も混ぜます。青じそも千切りにして入れておきます。
3.たまねぎスライスとカツオを盛り付け、2のものをかけて、みょうがを盛り付けて完成です。

・トロガツオのたたき

トロガツオのたたき

トロガツオのたたき

必要なもの:トロガツオ、ニンニク、たたきのタレ、塩、あさつき
1.トロガツオに塩をふっておき、皮を下にして炙り、全体も炙ります。
2.表面の色が変わってきたらすぐに冷水にくぐらせて、水分をキッチンタオルで取ります。
3.適当にカットして完成です。その後はあさつきやニンニクやタレなどをまぜあわせていただきましょう。