カレーを食べると幸せになる本当の意味と糖質制限

カテゴリー

皆さんはカレーは大好きでしょうか。恐らく、世の中の方は大好きとおっしゃる方も居れば、食べ過ぎたりお母さんや奥さんが作りすぎて嫌だと思っている方も居るでしょう。特に今回注意していただきたいのは前者の方です。筆者はカレーは大好きですし、カレーを食べると幸せになって嫌な記憶すら忘れてしまいそうです。次から次にと食べてしまい、気づけば満腹を通り越していたなんていうことは誰しも経験があることでしょう。しかし、そこには意外な落とし穴があります。嘘のような本当の話ですがゆっくり見ていってください。

カレーはおいしい

カレーはおいしい

カレーを食べると幸せになる怖い意味

カレーには何が入っているでしょうか。一般的にはお肉や玉ねぎ、にんじんやジャガイモなど入っていると思います。さらにカレーの素であるものには、ターメリックやハラペーニョ、カルダモン、シナモン、コリアンダーと香辛料が入っていますが、小麦粉や脂も含まれています。これらに着目していきましょう。大きく今回は糖質と脂質に分けますが、先ほど挙げた野菜はジャガイモを含め、糖質がふんだんに含まれています。さらに小麦粉は立派な糖質ですね。基本的に人間はこれらの糖質を摂取すると幸せになったり、疲れたときに欲しくなるというのは基本的なものでありますがダイエットを行っている方には特に注意してほしい食べ物です。1杯のカレーの中に含まれるものは9割近くが糖質です。さらに、ご飯を使っているのでほとんど糖質と言っても差し支えありません。これらのおかげでカレーを食べると幸せになれると言われていますが、このような落とし穴があります。さらに、脂質も含まれているので脂質で栄養吸収の効率がとても良くなります。脂質自体に関しては一般的に摂取すると太るといわれていますが、太るまでカロリーを考えて摂る前に普通の人は恐らく戻してしまうでしょう。そうでなくとも、大食いの人ですらかなりの吐き気が伴います。極端な話ですが実はこれが真実なのです。これらを考えて、カレーを食べるということは実はかなり危険な話です。とても栄養素が含まれていて、手軽に安く食べれると一般大衆向けのような考えの方も現代においてはまだまだ多いはずです。しかしながら、このように機会を得て今まで勘違いしてしまった部分を改めて認識しなおす必要があります。そうは言っても、糖類は人間が生きる上で必要だしご飯も必要と反論される方も居るかもしれません。昔に遡って考えてみると、ご飯がなくて生命の危険になってしまったという人は居ないでしょう。そもそもは肉類や木の実などを食べて人間は生活していたものですが、いつしかご飯を食べるということが当たり前になったようです。この情報を初めて筆者は知ったときはかなりショックで嘘ばかりをこの人は書いているなと思っていました。実際に極端にこれらを避けて生活したことはありましたが、プラスの面はいくつかありましたのでこれについては後述します。

しかし、先にマイナスの面を述べておきます。極端に避けた例なのですが、冒頭で述べたような野菜の糖質まで避けて頑張っていました。そこで起こったのは摂食障害になる一歩手前でした。具体的には味覚に異常が起こったのですが、いくら辛子をかけても辛く感じないということが起こりました。これがマイナスの面でした。これらを考えて糖質は適度にとることが必要です。だから、糖質制限と呼ばれています。さらに、完全に糖質を避けることは不可能な話であることを知ってほどほどにするということにしました。

異常ですよね・・・

異常ですよね・・・

糖質制限のメリットと考え方

人は生きている限りなんからの糖質は少なからず摂っていることになります。例えばコーヒーを飲むにしても糖質はあります。自分はカフェオレなどの甘いものは飲んでいないので大丈夫と思っている方は実は甘い考えです。パックのコーヒーなどを見ていただければ確かに糖類などは含まれていないということがお分かりいただけると思いますが、その代わり炭水化物というものは入っているでしょう。炭水化物は糖質に変わりますね。このようなことから、完全に断ち切るというのは意外に難しいものです。いかに制限するかが問題になります。デメリットは前述したので、メリットを書いてみると、怒ることが少なくなりました。筆者は意外と短気で自分でもどうしようと思うくらいでしたが、あまり怒るということが少なくなりました。先ほどカレーを食べると幸せになれるということも書きましたし、タイトルもそうですが、これは何を意味することかというと一般的にはハイになるという意味です。精神医学面で考えると、ハイになるということは同時に怒りやすくもなります。意外にこのマイナスの点は注目されませんが、糖質制限を行うことで怒りにくくなったという人は結構居るようです。さらに糖質制限というものはかなりのメリットがあります。それは、糖質制限を行うことで精神をなるべく疲れにくくすることが可能ですが、その中でもかなり落ち込んだときなどには思い切って糖質を摂ってやればいいのです。それによって、幸せな人生を送りながら薬に似たような役割を果たすことも可能です。意外に食というものは侮れないので、これから糖質制限を行


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告