ブロンコビリーでアルバイトが起こした事件と損害賠償額は?

カテゴリー

愛知県名古屋市をメインとしたステーキヤハンバーグのレストランです。まだまだ西日本では知名度が低く、まだステーキけんの方が知名度はありそうです。このお店は地域によってメニューなどを設定しており、関東メニューと東海メニューの2通りがありそれぞれの地域に密着させた販売方針を行っていることもあるお湯です。

ブロンコビリー

ブロンコビリー

ステーキは定期的に牧草など把握するために実際に生産している現地や、加工する工場やクオリティ、エサなど様々な観点からお客さんに提供できるかどうかなども判断しているようです。また、お米などにもこだわりがあり新潟県の魚沼で生産されるコシヒカリをつかっているとサイトでもアピールがありますね。少し放射能なども気になりますが、そちらは国の定めた設定にしているのでしょうか。されていても国の設定値は十分危ないものですが。しかし、気にしていたら外食などできないですよね。

そんなブロンコビリーで事件が起こった

あれこれと忙しくなってきた頃に一部の店内で働くアルバイトの方が残念な事件を行いました。その内容はというと食品を管理している冷蔵庫の中に入って、あろうことか写真を撮影してTwitterにアップロードしました。それが瞬く間に広がっていき、飲食店としてそれはどうなのか、教育がしっかりしていないのではないか、もしその他のお店でこのようなことがあると行く気がしないなど様々な意見が飛び交いました。該当アカウントには様々な方からのメッセージが寄せられておりました。そもそもは企業理念にあるおいしいご飯と、サービスの気持ちよさなどを売りにしているのでこちらについてはかなりイメージをもったブロンコビリーには大ダメージでした。当人はただの悪ふざけのつもりでしたが、周囲の注意にも関わらず悪態をつく始末でさらに周辺とのバトルは激しくなっていったようです。その加害者の名前は、清水雄大とのことでした。

加害者本人

加害者本人

実店舗に向かうユーザーの方で何度もリピートしている方に関してはこの件でお店を閉めないといけない状況まで追い込まれてかなり悔しい思いをしたことでしょう。それどころか、その店舗で働く人たちが一番可哀想であるといったネット上での意見もありましたがそれは筆者も同感です。真面目に働いている人が子供一人の軽はずみで自分の生活状態が簡単に変えられてしまうことになって、筆者ならかなり責めていると思います。そこまでの騒動に発展するとアルバイトである清水雄大くんも、普通の精神で居ることができないのは当たり前だと思います。「道行く人の視線が怖い」「常に責められているような」というニュアンスの発言をしていますが、ブロンコビリーを愛用していた人は未だに清水雄大くんを責める人も居るでしょう。少なくともその日の時間で食事をしていた人たちは立派な被害者なので、気分の良いものではありません。そして、当然プライベートの友人などはこの一連の騒動を見て画像が不鮮明であれどこのようなことをしたりこの発言は紛れも無く本人だと気づく人もたくさん居るでしょう。それどころか、自分の知らない恨まれている人にも色々情報をばら撒かれたという可能性もありそうですね。

損害賠償金額はいくら?

how much?

how much?

気になるのは損害賠償の金額で法に詳しい人によるとなんとその金額は2000万円と一般人では「ごめんなさい」と言って丸く治められる金額ではありません。もしかすると、見せしめで行うのかもという意見もありましたがそれも必要だと思います。損害賠償に関してはやはりしっかりしておかなければ通常の雇われの人と違って明日が無いというのが現状です。筆者個人の意見になりますが、今の時代において雇われている人は結構手厚い処遇を受けているような気がします。事実、会社のお金の流れやら1人に払っている金額などを考えると売り上げがマイナスでも出さなければならないですし、経営者の場合だと売り上げが無ければ当然手元に残るお金もゼロどころか光熱費や人件費などに消えてしまいます。話を戻しまして、実際には500万円程度の金額だろうという見方もありますが、やはり一般人にしてはかなり高い金額です。

何年仕事やバイトをしなければいけないことでしょう。ちょっといい車などは簡単に購入できたかもしれません。これによって危ない行動や不衛生な行動をするアルバイトが減ることをひたすら祈るのみです。経営者の味方をしてしまいましたが、立派に頑張っている社員の方やアルバイトの方はたくさんおられます。これについてはしっかりと知った上で書いておりますのでお許し下さい。色々飲食店は闇が深かったりという話も聞きます。ブロンコビリーだけではなく、その他の飲食店もこれに少しでも影響を受けてほんの少しでも影響されてくれれば良いものです。