頭が痛いその原因は?薬の使いすぎでも起こる!

カテゴリー
薬は飲んでも飲まれるな

頭が痛いその原因を今回追究してみませんか?原因を追究したところで治療法が知りたいんだと思われる方が居り、もしかしたらこの記事を読んでいる方こそ今まさに頭が痛いのかもしれません。お薬で即治療したりすることも可能ですが、そもそも使いすぎると恐ろしいことが起こります。さらに、原因を追究しないことで永遠に頭痛は繰り返してしまいます。それが起こらないためにも治療を今回の記事でしっかり行いましょう。

薬は飲んでも飲まれるな

薬は飲んでも飲まれるな

頭が痛い原因を探ってみよう

まずは、ご自身の頭の痛みがどのようなものかによりますが単純に頭が痛いと言う方は96%の確率で緊張型頭痛と言われています。これは一般的に普通のサウナに入ったりお風呂に入ったりという方法で治療可能です。それでも治らないと言う方が今回これから書くことをお求めかと思います。それは、片頭痛や群発頭痛に該当します。上記の対処法は1つの解決策でありましたが、この常識が片頭痛や群発頭痛では対処できないどころか悪化してしまいます。これらの原因は基本的にストレスや気圧が関係しておりますが、最近のストレス状況や現在雨が降っていないか、もしくは今後降る予定がないかお調べいただくとかなりの確率で天気が悪かったりストレス状況が良くないという結論が出ます。

雨も関係する

雨も関係する

気圧などに対しては基本的に体作りをして対処して行くしかありません。ストレスに関しては根本を解決しなければなりませんが、どうしても今治したいとおっしゃられる方は朗報です。まずは、目やこめかみや首筋などを冷やしてみましょう。温めてはいけません。これらの頭痛は極度のストレスや気圧の関係からか血流が良くなりすぎて起こっているために頭痛が発生してしまいます。そうすると気持ちよかったり何だか落ち着いたりすることもあります。アイスノンなどで冷やすほか、冷えピタなどを活用する方も居ますが、これは前述のようなことから実は理にかなっていることが多いです。ある程度冷たくなってきたり耐えられない場合はしばらく安静が基本です。間違っても運動をするということなどは行わないでください。そのような方たちは恐らく運動をすると、ズキズキとくるような痛みが発生したり脈打つような痛みが発生したりと辛い状況をさらに招くだけです。さて、自分は片頭痛・群発頭痛なのか緊張型頭痛なのかお分かりで無い方も多いはずです。そこで、こちらの簡単な方法をお試し下さい。それは、うつむいた状態で頭を左右に振ることです。「いやだいやだ」と否定するような頭の振り方です。痛いと感じたら100%片頭痛なのです。このことから、前述のことをお試し頂ければ自然と治療が出来ます。

薬の使いすぎで起こる薬物乱用性頭痛とは

治療法は飲まない

治療法は飲まない

これまでに使っていた薬が効かないという方は確実にこの頭痛に陥っています。これはどのようなメカニズムで起こるのかというとお薬というものは基本的に常用するものではないため日常的に飲んでいると体はそれに適応します。ところが、これらが切れると同時に頭が痛くなったりするということや、いざというときにお薬が効かないといった症状が起こり、中毒症状でもあります。そのような方は大変残念ではありますが、お薬で対処するというよりも前述の方法でしのぐしかありません。それでも辛いという方は、なるべく蓄積されたお薬を対外に排出するためにサウナやお風呂などを活用すると抜けが早くなります。こちらの治療が実は一番つらいもので、数ヶ月単位は見ておかなければなりません。ただ、使う頻度としては2週間に1度程度がベストとされています。

最後のまとめ

頭痛の原因や治療法は必ずしも1つとは限らず、それぞれに適応した治療法が必要です。もちろん、お薬も必要ですし、天候に左右されたりすることもあります。緊張型頭痛の人は先ほどの説明に加えて整体などのマッサージも良いかもしれません。片頭痛や群発頭痛の方は全くの逆で整体には行かず、基本的に安静にしておきましょう。肩こりなども起こしやすい体質が片頭痛ですが、肩こりを改善した瞬間片頭痛が起こるということもあるので整体は完璧には否定しませんが、ほどほどにほぐしてもらう程度にしてもらうことが最適です。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告