上川隆也が筋トレで体脂肪10%を切った方法とは?

カテゴリー

ドラマのエンジェルハートにおける冴羽リョウ役の、上川隆也さんですが撮影などにあたり筋トレなどの方法でなんと体脂肪10%を切るまでに体が作れたようです。よく勘違いする人が居るのですが、歳を取れば取るほど筋トレの成果が出にくくなるということを聞きますよね。もし、これからトレーニングを始めようと思った方もこれを聞いても絶望するどころかむしろポジティブになれます。年齢関係なくそのような体は作り出すことが可能です。では、その筋トレ方法など考察しながら見ていきましょう。

冴羽リョウ

冴羽リョウ

筋トレなどで体脂肪が10%を切るってどういう状況?

まずは、ご自身の体脂肪についてご存知ではない方に参考にしてもらいたいと思います。平均的体重の男性で18歳~40歳までの方が標準で16%~22%程度とされているようです。これは、あくまでも標準なので日常生活やトレーニング状況については異なってしまいますが。上川隆也産の場合はその半分以下で、かなりのトレーニング状況も伺えますね。7月頃からトレーニングも始めた様子なので、平均的な体重や体脂肪率から考えても短期間で筋肉が目立つように作り上げたのは結構な努力のはずですね。筋肉の量を増やしてそれなりの体に見えるのは一般的な家庭にある体脂肪も測れる体重計で13%付近からです。お腹が割れているように見えるいわゆる、仮面ライダーのようなお腹になるにはやっと10%といった感じです。しかし、筋トレを意識しなくてもダイエットで無理矢理体を絞っていても実は人間は腹筋があるもので、鍛えている人の見た目には程遠いものとなりますがうっすらと割れた筋肉が見えることがあります。筆者自身も急激な体重の落とし方によって少し皮は余ってしまいましたが、薄っすらと割れたお腹が見えています。みすぼらしいので現在は増やしながら筋トレという方法を行っています。

筋肉

筋肉

で、実際の筋トレとかはどうなの?

実際に筋トレの様子は公開されていません。しかし、筋トレは筋肉がつく理屈さえしっかりしていればこれというトレーニングはありません。上川隆也さんどころか、ボディービルダーでもそれぞれの筋肉に対する考えがあります。仕舞いには筋肉に対する意見が極端になってしまっておりトレーニングを行う方の間でもかなりの意見が分かれていたりもします。さて、これは何故かと言うと筋肉ってそもそも何なのというレベルから解明されていないのです。かなり拍子抜けしたかと思います。同時に世界の医療レベルの技術で考えてもこんなものかなと思ってしまったりもしますよね。でも、筋トレをするとしっかりと付くといった感じなのでそれぞれを考察していきます。もちろん、考察レベルであるのでそれぞれのトレーニングを行う方の反論やこうした方が良いなどの反論もあると思います。コメントを頂ければ積極的に反映していきますね。全てを書いていると長くなってしまうので、まずはどんな筋トレのメニューをやっているかなど平均的なものから考えると、腹筋を鍛えるためにレッグレイズというトレーニングを行います。

とにかくやろう

とにかくやろう

色々な手法がこの中でもありますがその方法の1つとして、床に仰向けで寝たまま頭と足を少し起こしつつかなり浅いV字を作ります。徐々にVの字までに近づけていきますがこれはかなり効く筋トレで恐らく一般の方なら数回程度が限界とされています。たまに40回なんて出来るよという人も居るらしいですが、フォームが間違っているとそれくらいは軽くいけるかもしれないが、フォームがしっかりしていれば出来るはずがないとのことでした。クランチというものも必要で自分のふとももくらいの長さの椅子にふくらはぎとふとももがおよそ90度の角度を保つように乗せて上半身を起こすという方法です。回数などには制限は無く自分の限界に挑戦しまくって限界を超えてさらに上げるのが筋トレです。

次に手っ取り早く鍛える方法として懸垂です。しかし、懸垂自体が出来ないという人も多いもので最初は筆者自身も回数はゼロでした。そもそも上がらないというところに悔しさを覚えていました。自分の手のひらが内側に向くように棒を握って肩幅より少し狭い感じを意識して行えば最初はやりやすいです。しかし、それでも無理という方も居ます。筆者がそうでしたのでトレーニングを行われる方の間でも知られている方法としては、一旦ジャンプをして懸垂で上がった状態を筋肉に教えてやります。そして、ゆっくりとあとは腕の力を使いながら下ろすというものでこれは正直懸垂が出来ない人にはかなり効く方法です。

結構大雑把に紹介しましたが、筋トレというものに決まりは無く医学的にも今だ解明されていない。そして、それなりに筋肉にアプローチをかけれていればトレーニングは大体どのようなものでもいいよということが一番伝えたかったのです。反論が来ることも承知の上ですが、実際に筋肉が付いている筆者もその結果に行き着きました。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告