しくじり先生代表、堀江貴文の性格や逮捕騒動

カテゴリー

堀江貴文ことホリエモンは過去に逮捕されて刑務所に入ったことで有名です。しかし、逮捕されたり刑務所に入ったという事実は分かりますが改めて考えてみると何故入ったのか、脱税なのかなど改めて考えてみると分からない点も多々あるので改めて調べてみました。また、彼の性格はどのようなものかお伝えしたいと思います。

堀江貴文

堀江貴文

しくじり先生の堀江貴文逮捕騒動

まずは、粉飾決算(ふんしょくけっさん)というものを行ったのが一例として挙げられます。そんなこと言われても分からないという方に向けてこれから分かりやすく解説したいと思います。通常は会社を経営していると他の人にも業績について公開しなければならない機会が増えてきますが、それらに対して「僕たち儲かってまっせ!」というアピールをしたり、赤字があるにも関わらず、「僕ら赤字なんてありまへんで」というように周囲を欺く行為です。特に堀江貴文さんは当時ライブドアという会社のトップに居ました。株式会社でありましたが、株主はそれらの経営状態を見たりすることが可能です。そこで、決算報告書というものを参考にしてこれからどうしていこうかなという時に赤字続きであったり、別の部門に投資を行っていたことが周辺にバレたら通常はまずいと経営者は考えます。株主に助けられている部分もあるので私達からすると、上司や社長に少しでも良い人で出来ますよというようなアピールを行います。それが会社バージョンになったものです。税金対策として使う場合もあり、十分黒字になっているのに赤字として申告することで普通にかかってくるはずの税金がかなり引き下げられるというようなこともあります。これには経営者側にも問題がありますが、通常監査する人が設けられます。内部不正を行っていないかどうかチェックするような人たちですが、経営者から直接指名されて行う場合もあります。もちろん雇われているので本人達にとっても生きていく上で仕方のないことでもあります。正義感だけ持ってここはダメだよと説得できる人はほとんど居ないでしょう。前述の通り食べていく手段がなくなってしまいます。こうした負の連鎖から内部監査を甘くしてしまったりというようなこともあります。さらに、これらの不備を行った際には海外ではかなり厳しい法的措置が下りますが、まだまだ日本では甘いということでさらに横行する原因にもなっています。

次に風説の流布(ふうせつのるふ)を行ったことです。これはどのようなことか分かりやすく説明します。変な噂やデマは流さないようにということですが、これが企業レベルで行われるとかなりの市場の影響が予測されます。例えば、やっていないにも関わらず○○の食品企業またはお店は、惣菜にそこらへんに生えている草を混ぜてかさ増ししているというようないわゆるデマです。これらが行われると当然利用する人たちの間ではかなりの噂になったり、最悪ニュースになったりすることでしょう。そこで起こるのはやはり私達のそこの企業に対する意識の変化で不買運動なんて起こったりもします。そうなると手のつけようがなくなり、デマでしたとも言えないレベルになってくることでしょう。こうしたことから、風説の流布を行ってはいけないという法律がありましたが、堀江貴文さんは簡単にそれを無視したようですね。

堀江貴文の性格ってどうなの?

東大

東大

一般的な見解や、メディアから見るとかなり性格が悪いのではないかということを想像されるかと思います。さらに、障がいを持つ人には差別的な発言を行ったとして最近メディアでは取り上げられました。しかし、これは一部の悪い発言だけを切り取ってマスコミが周辺に知らせているというのが大半の事実であり、私達が把握することでもあります。かなりハッキリとした物言いをしますが、その発言は的を射ているとかなりの好評です。そのせいか社会のタブーにも切り込んでしまうことがあり、多々周辺から嫌われたりマスコミにとって嫌なことを言うと別のところで新しい炎上材料として提供したりと裏ではかなりの攻防戦が広げられているようです。また、過去には中学生まであまり頭が良くないとされていましたが、そこから一念発起して頑張ってさらには東京大学まで行くといったような常人では努力をしないと行くことができないような道に行っています。このことから、誰が努力をしていないと言えるでしょうか。さらに頑張っている他、それ以上の頭の回転率を見せ付けて周りをあっと驚かせるようなこともあります。筆者的にはこの世の中で必要な性格の持ち主であり、今後も日本を引っ張っていける人材ではないのかと思います。