マイナンバーを拒否するたった1つの方法!罰則はある!

カテゴリー

マイナンバーを拒否する方法が話題になっていますので、まずは現状のところどうなのかというと無理という結論が多いです。さて、このマイナンバーについてですが、実は我々は拒否する方法が1つだけあります。かなり無理矢理ですが、その方法について全て包み隠さずお伝えしたいと思います。ちなみにネタ記事かと思われる方も多いと思われますが、事実上の拒否ということでとらえていただければ幸いです。

拒否できる方法はあった!

拒否できる方法はあった!

まずはマイナンバーの罰則について

さて、マイナンバーの罰則についてはいくつかあります。まずは、マイナンバーを取り扱う人が正当な理由もなく勝手に色々な悪事に対して使うということが禁止されており、これは当たり前のことですね。あと3つありますが、順番に紹介します。不正な方法でマイナンバーを使ったり取得したりする方法ですが、これも人道的に考えてどうなのかということになります。例えば人を欺いたり、脅したりなどの方法です。次に、特定個人情報保護委員会と呼ばれるものから指導や命令を受けてそれらの事項に対して反抗するとどうなるか分かるよねということです。最後に、経営者などに対するものですが今まで挙げた方法や不正に当たることをすると経営者にも厳しい罰則がありますということです。例えば、副業をする人に対してそれを国に対して欺くような活動や、税理面でどうにかしてしまおうと考えている人には厳しくあり最大で150万の罰則が与えられてしまうということです。こうなると経営者などに対してはかなり厳しいことになるのではないかと思います。恐らくバイトやフリーランスを雇っている方に対しては簡単にこれらを覆す方法はありません。

【合わせて読みたい】
マイナンバーでも水商売などの副業は可能!

待ってました、マイナンバーの拒否方法

やったぜ!

やったぜ!

マイナンバーが届いても受け取り拒否をすれば大丈夫ということや、郵便などのポストに入れられてしまったりすると拒否の意思を何らかの方法で示せばいいということでデマが広がり続けています。いいアイディアなんて称賛する人も居ますが、実はこれはまったくのデマ。これらの知識については散々調べまわった結果行き着いた皆様の結論ではあると思いますが、現状は既にマイナンバーを国が日本人に対してそれぞれ与えているので拒否することはできません。しかし、先ほど書いた事実上の拒否は実はあります。それは日本人として生きていくのはやめるということで、他国で国籍を取ってしまいましょう。こうすることでマイナンバーを与えることも出来ませんし、拒否できたということになります。しかしこれには、かなりの厳しい現状が与えられることになります。例えば、今後年金を貰おうと思っていても日本人じゃないから配布しないということであったり、日本人だから受けられる日本のサービスはすべて拒否されてしまうことになります。もちろん、これらの前提の上で拒否するならば筆者どころか国も文句を言える筋合いが無いです。

こうした現状でマイナンバーを拒否したりする意味というのは実際筆者にとっては無理な話です。こうして無理矢理拒否することも出来ますが、移住や国籍を変えるにはかなりの労力が必要です。例えば、他国民として生きたい場合はその国に1億を超えそうな税金を納めたり、その国で十分な活躍見込みがある人や、経営してその国をサポートしていけるような人でないと国籍を移すにしても厳しい話題になってきます。それでもマイナンバーを拒否したいという方はこれらでマイナンバーを拒否できたことになります。他国の人に日本がマイナンバーを与えたとなるとそれはもう国際問題に発展してしまうことでしょう。もし、この拒否方法が無理だと思ったらこれから日本で生きていくことが懸命です。そうしなくても、マイナンバーを拒否できたことに変わりない生き方があります。それらについては先ほど書いた記事があるのでそちらを参考になさって頂くと簡単にこれから不自由なく生きていくことが出来ます。そちらについてはこちらのようなネタっぽい記事ではなく本当に真面目に書いてあるのでそちらを参考にすると今後お読みであるご自身が楽しく生きていけるきっかけにはなると思います。ここまでせっかく読んでいただいたのにこのような結果にはなってしまいましたが、少しずつ知恵をつけてマイナンバーに対して拒否と変わらないような方法で賢く生きていきましょう。

マイナンバーでも水商売などの副業は可能!