マイナンバーでも水商売などの副業は可能!拒否できる?

カテゴリー

マイナンバーで水商売が出来なくなる、経営者も破綻だなという記事をよく見かけますが実は副業だってすることができます。メリットとしてはお役所で何かを書くときにも簡略化できたり、公的補助を受ける際に不正をなくしたりということがありますがメリットどころか迷惑なのが現状です。水商売や副業が知られたくない人にとって知られるとたまったものではありません。具体的にどのような抜け道があるのかなど紹介します。

拒否する方法は下の方に

拒否する方法は下の方に

水商売や副業をバレずに行う方法や経営の道

恐らく水商売などがバレてしまうとかなりの痛手であり、実際に自分が働いているところはどうなのか判断のしようがないと思います。そこで、もし心配な方はそれを率直に聞いてみるという手立てはありますが、その他の方法もあります。それは税理上自分の職業がどのように報告しているか、それとも報告されていないのかなどを聞いてみると手っ取り早く分かることができます。この手の業界では副業としてはかなり良いものであります。アリバイ工作会社なるものもありますが、そこからの通知だとまずは水商売をしていることを知られることはありません。最悪の場合でバレてしまったとしても、その会社はしっかり動いているということになりますし経営者も恐らくそこから税理上の通知などは出していることでしょう。実際に私が関わっているお客さんでマイナンバーの水商売などはどうなのか、キャストが減らないかなどの話題が沸騰しています。

その場合は既に備えていて会社は別のところに移しているということでした。また水商売でなくとも、副業を行っている人にはたまったものではなくこれが会社に知られてしまうとかなり迷惑だという人も居ます。そのような方は少し痛手にはなってしまいますが、税理士さんなどと相談する必要があります。今後食べていけなくなるなどのリスクと考えてしまうと一時的な出費もやむを得ません。また、確定申告はしっかり行っておきましょう。基本的には税理面での納め方については2通りあり、自分で支払うことが可能です。

水商売はできることはできる

水商売はできることはできる

心配ならば、国税庁に向かっても良いですが、副業を副収入として扱うかどうかなどはこちらの面で伝えることが必要です。しかし、やっかいなのがアルバイトやパートの場合です。こちらは自分で事実を変えることが不可能でありますが、経営者との相談になりますのでマイナンバーに向けてどうするかというのはしっかりと相談しておきましょう。これが原因で副業として会社にバレ手しまうということもありますが、既に対策を打っているところも複数あるので相談は早ければ早いほど解決はできます。また、手渡しなどにすれば全ては完璧であるということや、会社側に提案されることがありますがそうも言っていられないのは現状です。もし、あなたに支払った給与の税理面を会社が考えた場合に給与としては計算されませんが経費として届出する場合があるようです。そうなってしまうとお金の動きは自然と通知されて副業を行っている事がバレてしまうでしょう。そうしたことを防ぐためには双方の知識や理解が必要です。

【合わせて読みたい】
マイナンバーを拒否する方法

マイナンバーを拒否する方法はあるが、基本無理

日本人やめるという手が!

日本人やめるという手が!

マイナンバーが届くと受け取り拒否が出来るということや、口頭で伝えると拒否できるといったデマがありますが、全くの嘘なので信じないでください。しかも、既にマイナンバーが日本人としてそれぞれの人に割り当てられているということでナンバーは届いている状態で受け取りを拒否したところで、受け取り拒否という事実はありますが、マイナンバーがそれで消えるわけではありません。国民の過半数が受け取り拒否をすればいいのではないかといった指摘がありますが、そうしたところで物理上国民の過半数が拒否できるわけでもありません。それどころか配布する方に迷惑をかけてしまうのでまずは素直に受け取っておきましょう。で、ここまで書いておいてマイナンバーの拒否はできないのかというツッコミがあると思いますが、基本的に拒否はできないです。しかし、先ほどのようにうまく立ち回ることで事実上の拒否ではないでしょうか。

Twitterなどでよく拡散されているのを見かけますが、このように確定申告や副業をする上での会社との双方での結託が必要になります。さらに、これらの工作をしてしまうことでまともな会社はかなり厳しい罰則が与えられてしまうことになるので、早々簡単に拒否もできません。しかし、たった1つだけマイナンバーの拒否というよりは回避の方法があるのです。

それは、日本人としてこれから生きていかないことです。そうすることで国からマイナンバーが付与できないために拒否できたということになります。アメリカ人であるのにその人に対してマイナンバーを付与するというのは出来ず、無茶なことであります。そこで、筆者が考えるのが国民の過半数が実質日本人として生きることを止めれば初めて国が動くのではないかと思いますが、現状無理でしょう。うまくマイナンバーと付き合っていくことが今後我々日本人に求められる課題です。

【合わせて読みたい】
マイナンバーを拒否する方法


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告