天海祐希が結婚できないのは宝塚伝説にあった?過去には病気も

カテゴリー

笑顔が素敵で気品のある女性、しかしどこか近寄りづらいというオーラを持っている天海祐希さんですが、そんな彼女の魅力的な面を惜しみなく公開します。そして、結婚はしているのかどうか、過去の意外な理由をここで明らかにします。その前に、軽く天海祐希さんがかなりの大物に成長したのかを語る上で必須なので紹介しておきます。中学生の中盤のころ当時の担任の先生に宝塚が良いのではないかとオススメされて入団を希望しました。その前に高校での下準備が必要のためにバレエを習うためスクールにも通っていた当です。その回もあってか宝塚に主席で入学しましたが、その後は26番といった感じです。

天海祐希

天海祐希

無事入団を果たしたのが1987年で、当時のトップレベルと呼ばれるほどの人物3人と切磋琢磨して生きていくようになりました。初めての舞台にもかかわらず、かなり目立つ配置にされたようです。2年後にはなんとニューヨークでの公演があり、それを機会にして先輩をも上回る勢いで2番目の男役となりさらに活躍の幅を広げます。この活躍は10年以内の例ではかなりの異例であるほどです。数々の活躍をしたその後の1985年には、対談してしまい、芸能事務所からのスカウトは多数でした。友人が入っているとされるフライングボックスから映画やテレビに出演できるようになりましたが、かなりの努力が伴いました。

天海祐希の数々の宝塚伝説と結婚関係は?

特筆すべき転としては10年に1人居るかいないかの特別な人材であり、宝塚のそもそもの応募には世間的な見た目も美人である上、舞台人としてやっていけるという厳しい条件が求められております。その倍率についてはなんと20倍ですが無事合格を果たしました。しかし、バレエの練習をするためにそこで見たことや放たれた言葉はまず、笑い声一つ無い所で練習がとてもハードだということです。このバレエ教室では休むことは絶対に許されないという指導の下天海祐希は1日たりとも休まずに年間通い続けました。

そこで、高校1年も終わった頃に受検をすれば受かるけどそこからが大変だと言われて高校1年での受験はあきらめてその翌年の受験をすることに決定しました。そのおかげか1次試験から3次試験もあであるという条件もクリアで、バレエや声についてや、面接もあります。努力家なども評価されて、親御さんによく生んでくれたと植田紳爾さんが感謝するほどでした。さらに、入団から10ヵ月後の初公演では待ちかねた生徒は誰だ誰だと騒いでいる中、ビギナーでの天海祐希が選ばれてその凄さが分かってしまいます。

最年少という若さで数々の記録を出しました。これは男役のトップスターになるのにでも最低10年はかかってしまうという恐ろしい道のりでしたが、彼女の場合は前述のように違います。また、これまでの宝塚の歴史を打ち破ったことでも有名です。公演における最後の演出はトップほど大きな羽を背負うとされていますが、彼女の場合は大きな羽を背負うのは嫌だと通しました。天海祐希だから許されて良かったよ言われていますが、こんな公演はめったなことではありません。昔から周りの意見を聞きつつもしっかりと自分の意思は貫くスタイルでみんなの生きる指標になっているのは間違いありません。かなり厳しいこの宝塚の世界でしきたりを破ることは言語道断ですが、天海祐希だからこそ出来たというのは本当に間違いありません。

普段はプライドが高そうだという人が内部には痛そうですが、後輩のためのことも考えて今後を明るくしていこうという姿勢が見えるのではないかと絶賛されています。そんな今でも宝塚に対して嫌悪感を抱いているわけでもなく音楽学校の100周年のイベントではしっかりと出席していました。歌劇団に関しては過去のことなのでと関わりを絶ったそうです。また、元とは言えど宝塚の称号を背負っている以上は頑張ることで後輩のためになると本人が言っているほどです。まさに心から男役として上手な立ち振る舞いで、あえて宝塚の方には出席しませんでした。

色々とたくましい天海祐希さんですが、これらの素晴らしいことをこなしつつ結婚に関する価値観も人一倍違います。それは、結婚したいという思いはあるけどなるべく別居が良いということです。それもそのはずで、吉川晃司さんとのかなりの熱愛っぷりでしたがその裏では吉川晃司さんが同時進行の付き合いということが発覚してしまいました。その後は二人の組み合わせはかなり険悪なムードになるだろうと予想したスタッフたちは共演を禁止にするしかありませんでした。

そのことから天海祐希さんが結婚に対する願望に消極的な意見を出すキッカケになったのではないかとの見方があります。何事もスマートにこなす彼女もこのときばかりは結婚に対して消極的な意見を出しましたがこれを取り下げることも中々無いだろうと思います。宝塚の女性たちはそもそも結婚については遅いか、しないかくらいの話でありますがその話もそのはずです。それなりに能力がないと生きていけない世界であり、パートナーが必要なのかどうかすら考える暇も無いほどの努力が必要です。

天海祐希の病気は心筋梗塞だった

心筋梗塞だった

心筋梗塞だった

かなりの強さを持ち合わせている天海祐希さんにも弱点がありました。生活習慣病の1つとしてもある心筋梗塞ですが、これは心臓にある筋肉が血液を体中に送ることによって体中にめぐっていますが、それが血栓によってシャットアウトされてしまうというものです。そうなると呼吸困難に陥ったり、胸が苦しくなったり、吐き気なども症状があるようです。

ちなみに喫煙が原因ではないかと言われていますが、天海祐希さんがあれほど頑張ったのにはかなりのストレスが伴い、仕事に関しても妥協を見せず、人との競争に勝たないと気がすまない性格であり、責任感が強いといった典型的な精神状態に当てはまっております。

仕事中にスタッフに少し体調が悪いみたいなので病院へ行くと残し、この病気が発覚しましたが幸い後遺症も見られず、軽い状態だったので安心ですね。しかしながら、前述のように人一倍頑張る性格でありながらも、何事もスマートにこなす反面、かなりのストレスは溜まっていたようです。今後は体を大事に労わってあげてほしいものです。