楽しんごの暴行内容と消えた理由?現在の性格は?

カテゴリー

楽しんごの暴行は1回だけではなく、何度も行われたようです。それが理由で消えてしまったのか、そもそも性格やそれぞれの理由について今回紹介していきたいと思います。ちなみに芸能界にデビューする前は風見しんごと共演もしたことがあったり、ジャニ勉の出演で「Wシンゴ」と言われたこともあったようです。

楽しんご

楽しんご

楽しんごはこんなに暴行をしていた?内容をまとめてみた

・痴話喧嘩で相手の男性に暴行
恋愛形態は少々特殊でありますが、当時付き合っていた男性と口論になりました。事件で書類送検になった後にこの騒動が明るみになり、発覚しました。楽しんご本人もそれを裏付けるかのような発言を度々行っていたとされています。

・当時の付き人を刃物を持って脅す楽しんご
何度もユウキさんに刃物を当てたとされる騒動です。投げるぞと刃物を片手に持って相手に近寄るよ相手は叫び声を上げました。何回もそれを笑いながら行っていたとされています。それらに対し本人は演技の練習を行っていたとのことです。少し言い訳が苦しい感じもしますね。

・個人事務所のマネージャーを殴って怪我をさせる
経緯は不明ですが、マネージャーに暴行を加えたとして書類送検されました。楽しんご本人が脅されていた可能性もあります。そもそもはマネージャーが100万円程度を騙し取るように仕向けるように持っていったということも考察されているようです。

・同棲相手に怪我をさせた
自分のマンションで半ば同棲を行っており、起こしてくれと予め伝えていたのにも関わらず起こさなかったというまでは相手が悪いのですが、そこでさらにヒートアップして顔やお腹を殴る蹴るなどをしたそうです。

これらのことから、ネクソンがカウンターストライクオンラインなどのFPSゲームのCMに起用されるという皮肉な出来事も起こりました。その中では楽しんごBOXなるものも販売され、ユーザーはかなり困惑していた出来事もあります。

FPSに起用されるほどに

FPSに起用されるほどに

楽しんごの悲しすぎる現在

ドドスコスコスコ~ラブ注入で入るお姉さん系のキャラクターで有名になりましたが、テレビに出なくなると次は本人が経営する整体に本腰を入れたようです。しかし暴行疑惑がテレビで放送されだすと次第に客足は遠のき、閉鎖まで追い込まれるようになりました。本人が虚言癖があるためにどこまでが本当でどこまでがウソなのか分からず次第に視聴者からもウソではないかと指摘されるほどで現在も明らかになっていない部分も多々あります。Twitterでメインの活動を行っているようです。筆者が観察したところは、最近だとまだ整体は続けながら中高生やスポーツ関連を巻き込みつつ頑張っているような印象を伺えました。整体関連は全体的に良い噂を聞かないので楽しんごさん本人が今後主役になって整体業全体が元気にまじめになれるようになればいいなと個人的に思います。悪いことをすればそれだけ業界に悪いイメージは付いてしまう上真面目に行っている方も居るので、それだけは避けてほしいものです。

楽しんごの消えた理由は?

きっかけ自体は暴行でしかありません。そもそもの相方のすぎはら美里や向井莉奈に騒動を仕向けられたとの見方もあります。その理由は単なる嫉妬ですが、楽しんごと仲良くなかった向井莉奈が暴行を受けた同棲相手のOに結託を持ちかけたそうです。その後世間的にはあまり良くないとされる集団の名前を出し「誠意を見せろ」の一点張りでお金を脅し取った様子です。すぎはら美里もこれには関わっているようで、ラブ注入はそもそもの持ちネタであり、それをパクられたという悔しい思いをしたそうです。これらのことから流出した撮影情報にも一枚かんでいるとの見方も多いようです。

楽しんごの性格

恐怖が注入されそう

恐怖が注入されそう

中学生時代にいじめを受けたそうです。お金の要求や、中には刃物を使った暴行まで内容は過激です。友達やクラス単位で無視されるということもあったようで、両親も話せずに居ました。そのことから自分のギャグを通して自分みたいになってほしくないという意味をこめられてネタにしたとされています。また、数々の行動から虚言癖が見られるようなので、こちらを元に少し解説を行います。
根底としては自分を大きく見せたいというものがあります。いろいろなものに中途半端に手を出した挙句自分の能力も分からないといったような悲惨なことも起こります。そして、本当の自分を見られたくないというような考えもあります。これは、自分にコップレックスを抱えていたり、本当に隠したいのはその他の理由だったりもします。プライドの高さからも発生するようで、このタイプはタチが悪いです。楽しんごはこれに該当する可能性が高いです。自分を捨てているように見えながらも捨てきれていないということは誰が見ても明らかです。また、楽しんご本人が暴行に出たのも実は構ってほしかったり自信がないのではないかというのが筆者の考えです。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告