DV男女の特徴とシェルター、治す方法も教えます

カテゴリー

DVというとドメスティックバイオレンスということは誰もが、ご存知だと思います。それは、度々社会問題になっており、解決するには難しい問題などが絡んできます。それらを行う方の特徴や、男性だけでもなく女性も行っている事実、そしてそれが治れば一番の解決策です。それについて方法を学んでいきましょう。

男性の特徴から

男性の特徴から

DVを起こす男性の特徴

DVにおいては色々なことがありますが、身体的被害が主たるものです。それらを起こす男性の特徴としては下の人に対して例外なく無礼な行動をとったり、反面としては上の人に対してぺこぺこしたりその裏で不満を吐いているということや、人を何かと拘束したがることや、怒りっぽいなどあります。さて、これは何故でしょうか。1つ1つ紐を解いて行きましょう。上下関係についてですが、これは自信の無さが現れているようです。その原因としては、幼少期にあった辛い出来事であったり、社会に出て自分がうまくいかないことや、人間関係などあります。これらに共通して言えることは「自分が社会に認められていない」という気持ちがあるようです。さらに、このような特徴もあります。自分をやたらと認めてほしかったり、批判に弱いことや、思い込みが強かったり、人受けはその割に良いとされているようです。認めてほしさについては前述の通り、過去に自分の意見が通る環境でなかったり、何かとないがしろにされて生きてきたことや、環境的要因もあります。批判に弱い、思い込みが強いのは過去の家庭内でのトラブルもあるようです。例えば虐待を受けてきたというケースもあるようです。そして、何かしらの自分に害が及ぶとしたら人間誰しも防衛するのが本能ですが、それを繰り返してきた結果正常な判断ができなくなることもあります。むしろそうするしか生きる術がなかったということも起因になってしまうのがポイントです。それがDVという形になって現れてしまったと考えられます。

DVを起こす女性の特徴

女性の特徴は?

女性の特徴は?

実は男性だけでもなく、女性もDVを行うことはあります。男性とは違って、言葉の力で相手を制する場合が圧倒的多数です。筆者の体験談を書いていきますね。基本的に説教を始めることが最初ですが、男性は女性との力関係もあり口でなるべく解決しようとしますがどのような意見や解決策を言っても相手を制することが目的なので基本的に通じないようです。また、人格否定を行うこともセットになってきます。解決の仕様のない例としては、元々ある身体的な特徴や、中々変えられない性格、教養がないという独自思想であったり、親のことなど自分では解決のしようのないことも行うようです。その根底にあるのはやはりDVによって相手を制したいからです。また、お子様が居られる場合だとかなり悲惨な状況になってしまいます。子供のころから教え込まれるのでこの考えを変えてしまうことは難しいです。そして、何があっても基本的に男性が責められることになったりお子様から将来的に何もないのに白い目で見られるといった不本意なことも起こってしまいます。根本的なものは男性同様、過去のことが起因となっているので男性のDVの特徴と女性のDVの特徴を照らし合わせながら読んでいただくと解決の糸口が見えます。

DVの治し方について

まずは、本人が自覚がない場合もあります。こういう関係でこうしていると、いうような事実を教え込むことが必要です。感情的にならずに男女共に理論的にゆっくりと教えてあげてください。さらに自覚が無い方はDVを受けていると思った時点でそれを報告するルールを作ってみてはいかがでしょうか。お互いが仲良く居るために必須のことでしょう。双方が解決の意思が無い場合は残念ながら一度離れた方が良いことが圧倒的多数です。また、DVが起こってしまうことについての原因も追究しなければなりません。かなり厳しいことを言ってしまいますが、被害者にもまったく罪が無いとも言い切れません。この文章を読んでいただいている方はもしかすると、この時点で不快感を覚えるかもしれません。それも無理はありません。もし不快感を覚えてしまったなら特にご注意下さい。何かがあってからでは遅いです。そして、もし相手の方がDVを行ってもなお大事ならば被害者も変わらなければならないというのが現状です。一緒に突き進んでいくからこそ、治療は出来ます。

シェルターを使う方法もある

シェルターも気軽に

シェルターも気軽に

特に女性に対して、シェルターが準備されていることは圧倒的多数です。悩んでいる方は、相談して手配してもらうことを先決にしましょう。そこから考えてみても良いかもしれません。体験した女性に取材してみると、アフターケアも良く、さらなる被害に会わないようにしっかりと設備を整えているとのことでした。特にこの期間、相手は連絡を取ろうと何かしらの手段で追い詰めてきます。苦しいですが、無視をすることをオススメします。双方のためにならないどころかそこで連絡やコンタクトを取ると同じことの繰り返しになってしまいます。近年、このような施設は重要さを増してきておりそれなりに相談しやすい環境になっているようです。相談した結果入らないという決断も可能です。このように意識を変えるだけでちょっとは足を運びやすくなった気がしませんか?
もし、お悩みの方は早期解決を祈ります。シェルターに我慢せず向かってみましょう。