花形職業とは?男性・女性で違う!ランキングも発表

カテゴリー
job440

花形職業とは何なのか分からない方も多いはずです、さらに男性女性では違うとなると何のことやらと思う方も多いでしょう。花形職業といわれているものや、ランキング、それらの職業は実際どうなのかという話題に触れてみたいと思います。

job440

改めて花形職業とは何ぞや?

花形職業とは人からの評価が比較的すばらしい職業や、受かるのに難関な職業とされています。これらの指標から経済的に豊かな方が多いのも事実です。反面、ブラックな一面もあるのがこの職業です。花を持たせられるというような意味合いで付けられたのではないかと個人的に推測しますが、コメントで新たな突っ込みがあるとこちらについては修正させていただきます。

女性の花形職業について

resize

女性の花形職業と呼ばれる職業については、キャビンアテンダント、モデル、女性アナウンサーなど色々な職業があります。基本的に男性から見て素晴らしく憧れでもあるような存在です。これらのことから、仕事プライベート共に充実しており一般の男性には振り向いてくれないというような威圧さえもたらせますが、彼女らもプライベートにおいては一般人です。まともにお付き合いを始めようと思えば普通の男性にもチャンスはありますが、真面目な方が多いので場合によるとも言えます。

男性の花形職業について

男性の花形職業と呼ばれる職業については、医者や公務員、実業家、医療従事者などがあります。女性の花形職業の反対目線で、女性目線から素晴らしいもので憧れのある存在であることが指標になっているようです。結構プライドが高いのかなと思われたり、何かと勘違いされる場合も多いはずです。その男性らも前述同様にプライベートにおいては一般であります。お付き合いをしようと思って相手がそのような職業でも萎縮する必要はありませんが、少し変わり者が多いという印象もありますね。

女性の花形職業のランキングと実態

xf0745006723l

1位:旅行会社関係

仕事内容は、ツアーなどを企画したり宿と提携したり、公共の交通機関とタイアップしたりと様々な役割があります。顧客と共に向かう内容のものもあり、バリバリと職業をこなす活力のある方が求められるようです。また、旅行に関する経験の豊富さや国内外問わずの情勢の詳しさや、的確に顧客の要望に答えることが必要とされています。実はこの職業にも辛い実態があります。それは、軍隊を想像させるような社風や離職率の高さです。さらに、人件費も削られているという負のスパイラルに陥っており、給与はあまり高くはないというのが実態でしょう。これを見ながらうんうんと頷く旅行会社の女性は何人居られるでしょうか。格安旅行など求められている時代なので、このようなことは避けて通れない道になっております。しかし、社員の方々にも還元してほしいものですよね。

2位:パソコン関連のエンジニア

仕事内容は顧客の要件に応じて仕事をこなしたり、システム構築や業務についてアシストするような提案が求められます。SE(システムエンジニア)は、顧客のところに向かって要件を把握したり、それらをプログラマーに伝える必要があります。求められるスキルは場所によって様々ですが、言語分野ですとJAVAやPHPやC++やC#などといったものです。筆者も経験がありますので、こちらについては経験談としてこちらの実態をお伝えします。案件自体が泥沼化すると仕様変更や、根本的なものを丸々変えないといけない場合や、スキルのない技術者が作ったものを再構築やメンテナンスをする際にかなりの苦労を要します。それどころか、無茶な要件も応えさせられたり徹夜も当たり前なこともあり、体調を崩す方も多いので男女共に要注意の職業です。

3位:リラクゼーション系

仕事内容としては、実際に来店したお客さんの体調を整えたり、体の仕組みを把握しつつ根本から改善させることが主たるものです。アロマやオイルなどを用いてさらなるリラックス効果をもたらせることが目的とされています。求められるスキルとしては、健康や美に対する意識が高い方や、どうすればリラックスしてくれるかなどを考えて行動できる方が必要とされているようです。これらの職業の実態としては、女性にとっては意外にハードな体力仕事であることです。体を動かすことが好きであれば、基本的に大丈夫ですがメンタルの強さが求められることも多々あります。人間と接する職業なので、固定客がつくかなども考えなければなりません。雇用形態によっては当日の売り上げや月の売り上げなどを数値化されて更なる努力を強いられることが多いです。

4位:CAD技術者

仕事内容はCADを使った製図ソフトを使います。建物を作るときや、機械を作成する時に必ず必要なものとなります。最近はそれらの製図のデータを元に木材などは機械が加工することがほとんどです。基本的に顧客が提示したものを理論的に作れるかどうかの検証も必要です。求められるものとしては国家試験が求められることが多いようです。必須ではありませんが、実際にCADが使えるかどうかは資格で判断するしかないのでそれで判断されることもあります。細かな作業が得意な人で、パソコンに長時間向かっても大丈夫な方がオススメです。実態としては、労力の割りに給与が安かったり健康の維持が難しいということや現場の方と揉めてしまうことは多々あるようです。デスクワークなので楽に見られがちですが、実際にデスクワークをしている方はかなりの神経を使うので楽ではないと思います。

5位:ネイリスト

仕事内容は爪を専門に扱う分野なので、形をそれぞれの適正な形に整えたり、甘皮をしっかりと処分したり、爪の健康を気づかったりと様々です。ネイルを行う際にもデザイン能力が求められます。求められるスキルとしては、やはり爪の詳しい知識やその周辺にある皮膚の知識、扱うものは劇物なのでそれに対する知識も求められます。日本ネイリスト協会認定の資格の保持が求められるようです。それによって採用の可否や給与面での差がつけられる原因ともなります。実態としては、離職率がかなり高く10人が入社するとそのうち2~3人残れば良いとされているようです。また、給与面での問題が一番多いです。時給換算すると嫌になってしまうもので、500円程度というような悲しい事実もあります。

※ネガティブな内容を含んでおりますが、一例として取り上げているだけです。もちろん、楽しい社会生活を送っている方も居られます。

男性の花形職業のランキングと実態

新人ビジネスマン

1位:公務員

仕事内容は公務員といっても様々です。警察や教師や役所仕事などあります。それぞれ、日本の中心として働くことが主たるものです。今回は教師を例にして改めて仕事内容をお伝えしますが、教材を準備したり生徒に教えたり、課外授業を行って学習スキルを上げることが目的です。求められるスキルとしては生徒との対話能力や基本的な学力、専門分野に長けているかどうかなどが判断されます。この職業の実態としては、モンスターペアレントの存在でしょう。通知表の評価が悪いと逆に指摘を受けたり、親御さんの目を見てビクビクしながら仕事をしないといけないというような悲惨なことも起こっているようです。もちろん、親御さんの意見が正しいこともあります。

2位:医師

仕事内容は言わずと知れたものですが、基本的に来た患者をしっかりと治すのが目的です。治療プロセスを立て、患者との双方の合意の下治療を進めていくのが基本のようです。科によって違いますが、根本的に治す療法か、対処療法かによって違います。求められるスキルとしては、これまた科によって違うのですが基本的に患者の要件に応えられるかが根本的な目的でしょう。実態としては、開業医ではないかぎり激務な場合もあります。いざ、学校を卒業しても実際に何年か大型病院で働かなければならないこともあるので茨の道です。その対価として高給取りになれることもあるようですが、夜中の呼び出しもあるのでこれは職業上仕方ないことです。

3位:薬剤師

仕事内容は、薬剤などを総合管理します。中には薬の研究をすることもあり、薬局で調合することが全てではありません。お薬に関して熟知していることが必要です。服用タイミングや、副作用について知ることも求められます。医師が出した薬や実際に処方できる日数を照らし合わせたり薬価計算も必要なことがあります。求められるスキルとしては、調剤薬局か研究かによりますが細かい作業ができるかどうかや、前述のような豊富な薬剤に関する知識などが求められます。この職業の実態としては、残業代がつかなかったり休むことが出来なかったり、土日の休みのはずがそもそも無かったりと様々です。いきなり業績不振で倒れてしまうこともあるようです。

4位:パイロット

仕事内容は航空に関することはあたりまえですが、ミーティングや空港の状態を把握したり、実際にその日はフライトできるかどうかを考察したり航空機の設備はしっかりと整っているかどうかなどを考えることが必要とされています。実際にコックピットに入っても燃料を考えたりデータ入力や通信などしっかりとすることが必要です。求められるスキルとしては、理論的な思考ができるかどうか、想像力などが求められるものです。人命が関わっている上、給与が少ないとのことです。さらに、マスコミに取り上げられてしまうような出来事があると大変です。体調にもしっかりと気づかわなければならないのですが、それはどの職業でも当たり前と思いきや、健康診断で引っかかるとアウトということもあるようです。

5位:実業家

仕事内容はこれまた様々ですが、これらの職業については基本的に自分で考えて自分で動き、お金にすることが目的です。またリアルタイムで顧客の要望に応えるようにどのようにすべきかも考えることが必要です。求められるスキルはこれといってありません。自分で実業家になろうと思えば届出することで簡単になれます。これらの実態としては、働かなければその日の収入どころかその先の収入はゼロです。つねにコストなどを意識しなければならず、お金の管理もかなりシビアにならなければいけません。そのおかげか通常のお勤めの人にはお金を持っていると思われる割に、ケチだと思われることもあるようです。実際にお金を持っている方はそれほど多くないのではないでしょうか。もちろん、大きな会社を建てたりする方はそれなりの資金力はあるかと思います。

※ネガティブな内容を含んでおりますが、一例として取り上げているだけです。もちろん、楽しい社会生活を送っている方も居られます。