前田美波里が資生堂に出演するほど美しくなれる体操とは?

カテゴリー

前田美波里さんは現在67歳であり、衰退しない美しさで老若男女問わず注目されている方です。所属はオスカープロモーションで、アメリカ人と日本のハーフです。これだけでもう差が開きそうですが実はそうではないということが明らかになりました。資生堂のCMに出演するほど美しくなれる秘訣こそ体操です。それについて詳しく説明していきます。

前田美波里

前田美波里

前田美波里さんが現在も行っているとされる体操

エゴスキュー体操と呼ばれるものです。この体操はピート・エゴスキューと呼ばれる方が作ったもので、基本的に覚えやすさや、行いやすさをメインにしているものです。この体操の効果としては腰痛や肩こり、ひざの痛みなどの改善についてエゴスキュー・ジャパンが伝えているようです。この考え方の根底としては、体のゆがみにあることです。これらから来る症状については、首の痛みや肩こり、腰痛、髄看板ヘルニア、うおのめ、頭痛、めまい、便秘、疲れやすさなど私達が普段悩まされるようなことも起こります。それらの結果、体は自然に疲れてしまい若さもなくなるというようです。さて、それらを治すそのエゴスキュー体操の方法をさらに深めていきましょう。基本的にこれらの体操を行う時には道具や器具はいりませんが、イスが必要です。特別なイスではなくただのイスです。全て書いているとキリがないので前田美波里さんが行っているものを書いていきます。

・腰痛を治すエゴスキュー体操

腰痛を治すエゴスキュー

腰痛を治すエゴスキュー

まずはイスを準備します。イスの上に写真のように足を乗せ、手を外側に向けて開いて呼吸をします。しばらくこの体勢は保って下さい。そのつぎに両手をその体勢のまま組んで、垂直に上下させます。これらの運動をしばらく繰り返したら、次は足でイスを挟みます。これを10分間行うと前田美波里さんは説明しているようです。

・股関節の痛みを治すエゴスキュー体操

股関節の痛みを治すエゴスキュー

股関節の痛みを治すエゴスキュー

壁に両手をついて、そのままおじぎをするように、壁に向かって一分間継続します。足の向きは壁に対して平行で、胸から下がコの字を画くように体勢を一分間維持します。

・お尻の筋肉をほぐし、股関節を調整
イスに座ったまま、足を軽く開きます。どちらかのひざの上に反対の足のかかとが乗るようにします。分かりにくい方は、足を組むような動作です。その体勢を維持しつつ、顔を上に向けて両手を組んで、手の平が天井にむくように手を上げます。これを一分程度維持します。

さらに、重要なことがあるそうです。時間などは守らなくて良いので毎日続けることが重要と前田さん本人は述べています。年齢的に劣っていても十分筋肉は復活させられるそうです。日々の努力・継続が必要ということですね。

前田美波里さんが資生堂のCMに出るのは性格も?

数々の実績を残してきた中で得に資生堂での活動が着目されています。その他だと東宝のミス・ノー・ストリングで見事優勝するという前歴もあるほどです。そんな前田さんですが、資生堂のCMに出ることが出来たのは美容だけではありません。それは性格です。ハーフであるのでフランクな性格に育ったかと思うとそれはまったくの逆の話で、古き良き女性に育て上げられました。父親が居ないので、代わりにおじいさんに教育は行われたそうで、礼儀作法から靴の脱ぎ方、食事のマナーや、言葉遣いなどです。当時の経済状況については良いものではないですが、たっぷりと愛情が注がれていたのが目に見えます。そんな厳しいおじいさんは、学校の行事にもはりきって参加するなどの教育にも興味がある方で工作を前田美波里さんに教えたり、実生活で作るようなものの作り方を教えたり、世の中のお父さんと変わりないような愛情を注いでもらいなが育ちました。また、一度はまったものには徹底的にのめりこむタイプであり、職人気質を見せてくれます。そんな何かとマメで古き良き日本の女性が前田美波里さんを資生堂に採用させる大きな理由ではないのでしょうか。