エクサドンで認知症の予防!その方法や効果、病気の原因は?

カテゴリー
080

エクサドンがついに認知症の予防に対して効果があるとテレビで放映されました。その方法やその他の効果について説明したいと思います。エクサドンは太鼓を使ったものでエクササイズ、太鼓、その叩く音のドンを組み合わせてエクサドン(EXADON)と名づけられています。新潟県佐渡市では太鼓が使われることが多く、医師がそれに着目しました。

080

エクサドンで認知症を予防する方法と効果は?

illust1439

テレビで放映された、たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学によると脳年齢が40歳も若返るというキャッチフレーズです。エクサドンについての大元のサイトは「10歳 若返り」をテーマにしています。その方法とは、太鼓を叩くだけのものになりますが楽しむことも必要になります。ちょっとしたゲーム化をしてみたり、叩くという行為は手に振動が伝わるためにそれが神経を通して脳に伝わります。極端に言ってしまうと、強く叩けばその分振動が手に伝わるので痛いです。こうした神経の通達で頭にも良い結果がもたらされることがあるそうです。さらに太鼓を叩くという行為(エクサドン)で体も動かすので参加者は良い汗をかけたとのコメントもあるくらいです。それだけではありません、日頃のストレスは人間誰しも抱えているものでそのストレスがなんとこのエクササイズによって解消されます。難しいことを覚えるのではなくすぐに頭に入ってくる内容で一定のリズムで強弱をつけて叩く「片野尾のたから」というものが紹介されているようです。子供から老人まで簡単におぼえられることが出来るのが特徴のようです。さらに難易度を上げたものがあり、叩けるようになれる達成感からも脳を喜ばせることが出来ます。自宅に太鼓がほしいと言う人も続出したそうです。時間によっては近所迷惑になってしまうので、洗濯物のかごや、容器を太鼓に見立てて叩くというような簡易エクサドンも老夫婦で楽しんでいるようです。

そもそもの認知症の予防と原因

085

基本的な認知症の予防としては運動をすることが大事です。それにプラスして頭も動かすことが重要視されています。エクサドンが一番簡単なエクササイズではありますが、ウォーキングなどの有酸素運動をこなしながら単純計算などの頭を働かせる方法が必要です。1日に30分程度を行うのが理想とされており、時間は一度にではなく15分を2回といったような方法も可能で、1週間に3日以上の継続が最も効果があるとされているようです。認知症の原因は様々ですが、その1つとしてストレスが要因として挙げられています。このことから、普段のストレスを除去することが必要なのです。ストレスについては、たまに良い食事で脳に栄養を補給したり、ひたすら愚痴などの会話をしたり、サンドバックを叩いてみたり、ゲームをしたり、信頼できる人にストレスについての悩みを相談したり、料理をしたりと様々な方法があるのでそちらを試してみましょう。その他、偏った食事が原因であったり、運動不足、アルコールの過剰摂取や喫煙も引き金になるようです。

認知症が発現する疾患など多い症状や病気としては、アルツハイマーや、ピック病、精神疾患、レビー小体による疾患、脳細胞異常により起こる病気、脳萎縮に関する病気などが挙げられます。残念ながらこれを予防していたらというものはありませんが、前述のことからストレスを極力避けている人が認知症の発生リスクを下げるとのデータも出ているようです。警察官や教員、カウンセラーや報道関連の仕事を行っている方、パイロットや医者やIT関連で勤めている方は特にストレスという観点からも認知症になる確率は高そうです。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告