8.5秒オマージュというパクり登場!性格や在日疑惑は?

カテゴリー
20150214-00043037-roupeiro-000-7-view

お笑いコンビの8.6秒バズーカーのパクりとされる8,5秒オマージュが登場しました。京都駅前広場で自動車に関する犯罪被害防止の啓発イベントに参加をした際、記者から8,5秒オマージュの存在を知らされると、「えぇ!? マジっすか?」 との反応。パクりに関しては意外と寛容な8.6秒バズーカーでありますが、以前は原爆ネタで反感をかったせいなのか大人しい反応です。8.5秒オマージュについての様々な疑惑を検証していきます。
また、都市伝説的なものに絡めた考察も入りますので、こちらにご注意下さい。

20150214-00043037-roupeiro-000-7-view

8.5秒オマージュというコンビについて

img_emptyPic

現時点で知らされている情報としてKEN(ケン)とKATSU(カツ)という名前で出身は二人とも大阪です。職業についてはそれぞれ会社員で、8,6秒バズーカーとは関係のないアマチュアとのことです。KENさんは38歳、KATSUさんは42歳と大元とは倍以上違う年齢です。これ以上の情報は公開されていないので、考察に入りたいと思います。性格に関してはネタとしてパクっているのかそれとも、何らかの目的があるのかで違いますが、今後の展開が楽しみです。

8.5秒オマージュの在日疑惑について

8.6秒バズーカーは在日疑惑でほぼ確定ですが、その前提でお話します。二人とも大阪出身で、今回の8,5秒オマージュについても出身は大阪です。何かかぶるものがありますね。ネタに関しては今後の動きに注目ですが、在日ということを考えるとパクりの時点でお得意ネタではあるので根本を考えるとその可能性は高そうです。確定情報ではないのでこちらにはご留意いただきたいです。

都市伝説から考える8.5秒オマージュ

089_p

また大元の8.6秒バズーカーの話題にもどりますが、ChottoMatte号のB29ネタや原爆の8月6日説もあります。では本題に戻り、8月5日について考えてみましょう。この時期にあった歴史的な出来事として、南北戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦、原水爆禁止世界大会などがあるようです。少し考えてみるとこのあたりから8.6秒バズーカーの第二次世界大戦のネタを同じようにパクるか、第一次世界大戦のネタをもってくるかも注目どころになります。それとも反対の意味を持った原水爆禁止ネタにするのでしょうか。さらに都市伝説的に考えると9月11日にこの情報の騒ぎがTwitterでは浮上しました。この流れなどに意味もありそうですが、たまたまだったのでしょうか。ここ数日で地震なども起こっているので、オカルト好きはちょっと騒げる出来事かもしれません。イルミナティやフリーメイソンを思い出させるような数字もあります。例えば、KENさんの生年月日に注目してみましょう。1977年8月18日で、「18」という箇所、KATSUさんの生年月日は1973年9月9日で月と日を足すと「18」という数字になります。色々な都市伝説から考えると意味がありげですね。そして、真ん中に上げている画像は、8.5秒オマージュの紹介画像ですがこのあたりに何か意味があるならば有志の方のご意見を頂き次第追記として記述します。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告