勝谷誠彦のうつの原因と治し方って?性格や病気についても追求

カテゴリー
ch2587905

勝谷誠彦はジャーナリストやコラムニスト、タレント写真家、コメンテーター、記者を勤め、よしもと事務所の所属です。いろいろな方面で活躍していましたがいつの日かうつ病を発症してブログで公表しました。そこからマイナスな意見を書くなと読者に怒られたものの数ヵ月後、「うつ病が治った」との公開日記がありました。この治し方はうつ病を患っている方なら治し方を知ってみたいはずです。今回書く記事はうつ病ではなくとも普段からマイナス思考な方に知っていただきたいです。ここで知られざるうつ病の原因も筆者独自に書いてありますので、最後までお読み下さい。

ch2587905

勝谷誠彦の性格について

生まれは兵庫県で、医者の下に生まれました。西宮市立小学校を卒業後、なんと灘中学校に進学、灘高校にも進学しました。当時から議論が大好きで常に「なぜ?」を持つ生徒でした。成績は意外に悪く、数学と英語が特に苦手だそうです。なんとか卒業までこぎつけたものが、私と物理学という作文を書き、卒業を認めてもらいました。その後、早稲田大学第一文学部に無事合格することが出来たようです。慶応法科に合格するものの、早稲田への進学を個人で決めてしまったために仕送りは親にしてもらえずという経過があるようです。

勝谷誠彦のうつの症状と原因

o0631034312445128886

常に「なぜ?」を追い求める性格なのが主体です。そこで、うつになったと思われるいくつかの原因を挙げてみましょう。本人が言うにはこれまでに落ち込んでいるような事実はあったとのことです。しかし、それも一時的なものと思いながら生活をしていました。そして症状はいきなり襲ってきました。何一つと体に悪いようなことはしていないが体が起き上がらなくなったと本人談です。ご飯を食べようとするもそれも出来ず仕舞いであり、コンビニにも迎えないとのことです。普段の仕事すら忘れているようで担当者から催促のメールでやっと気づいたようです。原因についてはよくありがちな、番組である「スッキリ!!」の降板や身近に起こった不幸事がうつ病の原因として考えられるのが一般的です。しかし、うつ病の原因は実はこれではありません。その前に本人が治した方法をそろそろ紹介します。

コレで治った、勝谷誠彦のうつ病の治し方

うつ病に対する治療方法としてはまず、精神科を受診するのが勝谷誠彦の方法です。ただ、これだけでは投薬治療のみであり対処療法でしかありません。原因そのものに向き合っておらず、薬で辛い心を飛ばすというのみ。おまけに薬だけでは判断力が鈍ってしまうというのも薄々感じていたようです。お薬を飲むことはもちろん重要ですのでその行為に対して筆者は批判しているわけではありません。様々な療法を試した結果、転地療養というものを取り入れたようです。これは、昔からも使われている方法であえて別の土地に身を置いて治療という選択肢をとる方法です。環境的要因が強いこともあるうつ病にこの方法は薬と同等の効果を持つでしょう。もっと分かりやすく書いてみると、ストレス発散のためにカラオケに向かったということや、おでかけしたなどのものは転地療養に入ります。これが本人も一番デカいとブログに書いていたようです。

本当の原因はこれだったのかもしれない

201401111111111111111111111111111111111111111924_383276

勝谷誠彦の話題に対して度々出てくるのがアルコールの話です。この依存とうつ病の併発というものは意外に大きいです。自分で命を絶ったアルコール依存の患者の3分の1がその前にアルコールを飲んだというデータがあります。これの因果関係はいろいろなものでストレスや依存的な性格、不眠などを緩和しようとしたり離脱症状であったりもします。アルコールが体から抜ける途中で憂鬱な気分になる人は実は現代においてとても多く、それを克服すべくさらにアルコールと負のスパイラルに陥るようです。これらのことから、本当の原因はアルコールの依存によるものではないかと筆者は考えます。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告