国勢調査とは何?人口を把握するために調査員があなたの所へ

カテゴリー
movie08

今年も国勢調査の時期がやってきました。しかし、ニュースやTwitterなどで国勢調査と騒がれている一方それが何なのか分からない方も多いはずです。なんていったって、5年に一度の調査です。そんな方に向けて国勢調査は何なのか簡単にまとめてみました。

movie08

調査員まで来る国勢調査とは?

調査員や国勢調査と聞くと何だかすごいものをイメージするかもしれません。総務省が行う簡単に言うと人口の把握です。今年2015年は10月1日の0時に実施すると公式ページにも書いております。基本的に世帯の調査で、これは外国人に向けても行われます。さらなる調査としては、その世帯主は男性か女性か、生年月日、配偶者の有無、仕事はどんなものか、どこに努めているか、通学はどこにしているかなど13の項目からなる質問をされます。また、世帯自体に関しては世帯員の数、マンションか一戸建てか、その住居の建て方など4項目からなります。

国勢調査は無視すべき?調査員の個人情報の不祥事

もっと知ってみよう国勢調査の回答方法など

flow

基本的に国勢調査は9月10日(木)~9月12(土)の間で回答に必要なIDなどが調査員の手によって送られます。直接訪問が基本ですが、不在の場合は連絡用のメモが残されるそうです。これらが実はインターネットで回答できます。これらの回答が出来ないまたは、拒否した場合は9月26日(土)~9月30日(水)の間に紙で改めて調査回答をお願いされます。報告義務はありますが、拒否することで何か罰則があるわけではないそうです。その後、10月1日(木)~10月7日(水)の間で調査員が回収に来ます。住んでいる地域によっては郵送可能な場合もあるのであまり来られたくない場合はそちらの選択肢も可能です。ちなみに回答はこちらで行えますが、IDが来てからではないと回答は行えません。

http://kokusei2015.stat.go.jp/internet/

調査が行われた後はどうなる?

国勢調査は、日本に住んでいる国民などの様々な詳しいデータを今人口がどのくらいで何歳が特に多いなどの公的文書や今後のデータを正確にしたり、国民を支援するために役立てます。国レベルではなく、各地方などの各種行政施策や地方交付税の算定などにも色々使われるようです。総務省の公式サイトでは企業がこれから活躍していくためや顧客のニーズに答える為と書いているのが少し気になりますが、不正に使われるケースはあまり見たことないので基本は気にしなくて良いでしょう。また、公的統計情報の作成のためデータが活用されることもあるようです。その内容の一例として今月の失業者のデータの作成などもあります。

国勢調査は無視すべき?調査員の個人情報の不祥事

国勢調査の詐欺に気をつけて

item02

悲しい事実ですが詐欺が起こっているようです。国勢調査員と詐称して自宅にデータを取りにきたりという事例はあるようです。さらに金銭要求や銀行口座の暗証番号、クレジットカード番号を聞くケースがあるようですが、国勢調査では行われないので注意して下さい。電子メールも同様です。正式な調査員の特徴としては青色の手提げ袋、調査証に青色のストラップ、腕章をつけております。これらの特徴を真似したケースもあるようなので十分にお気をつけください。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告