鬼龍院翔(本名:一浦翔)がニンニクで混乱!?身長や家族、性格もついでに暴露

カテゴリー
default_8d66ba529550b88c4f7cde42e3489be9

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔(本名:一浦翔)がニンニクを食べ過ぎて医者へ駆け込んだと話題になっています。日本テレビのロケで起こったこの一連の騒動についてまとめてみます。

default_8d66ba529550b88c4f7cde42e3489be9

先日のテレビロケで大量のニンニクを食べた翌日、腹痛やめまいに襲われたとパニックになりました。巣鴨の商店街にスタミナの上がる食べ物を探すロケの目的で向かっていたようです。収録時のじゃんけんで鬼龍院翔はニンニクの担当となりました。江頭2:50が出演していたぷっすまを見て、その時塩の大量摂取を見た鬼龍院は、ニンニクを普通に食べるだけでは面白くないと大量に食べてみたそうです。

その直後は何も起こらなくて一安心したそうですが、前述の通り翌日になり、状況を飲み込めないほどパニックに陥りました。「にんにく たべすぎ」などインターネットで調べてみるとピッタリの症状で、食べすぎは胃腸に影響することがあるなどと書かれたサイトがヒットしたようです。体に良いと思った本人は大量摂取すると危険とは知らなかった様子です。その後のニコ生などでの収録で耐え切っていた様子ですが、「顔に出て申し訳ない」と反省している様子です。

さらに「ニンニクは好きでしたが、この一件でしばらくニンニクが嫌になりました」とのコメントを残しました。ファンの方への警告もしているようです。

そんな鬼龍院翔の家族や身長や性格、結婚願望など

default_fea3b4a81703be30b23667eb2cab054c

本名:一浦翔(いちうらしょう)
出身地:東京都文京区
生年月日:1984年6月20日
身長:164cm

性格についてはエアバンドで彼女を喜ばせるために作ったという彼女思いな一面があり優しさは抜群です。耳が聞こえない彼女に音楽の要素を取り入れつつパフォーマンスを見せるという斬新な企画を思いついたというところもすばらしいです。本人そのものについてはシャイな部分はありますが、一度好きになったらそのまま突っ走るというような恋愛スタイルです。心の病を持つほどナイーブでパニック障害との噂もあります。こういった活動を通すことで自分自身と向き合っているのかもしれません。残念ながら当時の彼女は現在居ないようで、ファンの方はチャンスがあるかもしれません。結婚願望についてはあるみたいです。公共の場では無いことをウリにしていますが、料理上手な嫁がほしいといった発言もしっかりファンの方はキャッチしているようです。彼女の復縁騒動もありましたが、現在においてそれはないとのことです。さらに「お金目的ではない人」との条件もあり、心から愛し合える関係があれば良さそうです。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告