川島なお美の激ヤセの理由は?現在、末期癌などの病気でやばい

カテゴリー
1134fdd7

2014年1月に肝内胆管がんでおおがかりな手術を受けた川島なお美で、先日9月8日でもテレビ番組で大丈夫かとの指摘も受けたようです。痩せ気味だった数ヶ月前に比べてもさらに体重が落ちた様子で関係者については「30キロ前半ではないだろうか」とのコメントもあるようです。その報告を聞いた川島本人は、「大丈夫で、元気そのもの」と強く訴えました。通院はしておらず、様々な療法を試しており、定期検診のみだと報道関係者に伝えました。

1134fdd7

それでも気になる本当の激やせの理由

2630d1cc-s

先日報道されたように痩せ方は異常なものです。病気に関してはまだ癌はあるようで、最終ステージではないかとの見方がとても強いです。すでに骨格が見えるほどで、服のサイズも合っていないところから激痩せ具合が見て取れます。再発というよりは手術してその後の頑張った生活でも無理があるのかもしれません。消化器系の癌であり、治療は難しいとの情報もあります。今井雅之の痩せ方と似ているとネット上での言及もあり、癌独特のものでもあるようです。これらのことから治療の難しい消化器系の末期癌であることが情報としては濃厚です。愛犬も他界したことから、そっとしておいてあげようとのコメントもたくさんありますね。去年からで、再発を繰り返す病気、その後の5年の生存率の総合点から考えても非常に治療については芳しくない話題になりそうです。

消化器系の病気の肝内胆管癌とは?

原発性肝がんの1つとされており、有効な治療については手術です。再発のリスクは高く、リンパや骨や肺などの転移が認められると治療はあきらめられるほどです。生存率は約30%程度とされております。症状については、最初は自覚症状がなく最終ステージに向かうことで症状ははっきりします。お腹の痛みや全身の倦怠感、食欲がないことや、体重減少、発熱があります。原因については肝内結石症、硬化性胆管炎などが挙げられ、肝炎のウイルスも関与します。糖尿病などの持病がある方は発生頻度が高いとされています。予防策としては早期発見が原則です。手術を無事に受けたとしても5年後の生存率は32%程度で、再発は繰り返すそうです。

【続報】川島なお美、やはり癌だったのか?

【続報】川島なお美のデマが流されるように

川島なお美さん、死去


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告