ステンレス包丁の簡単な研ぎ方や角度をコツを交えて紹介

カテゴリー
tis

一般家庭で使用されている包丁の種類はステンレスの刃の場合が多いです。どのサイトを見てもちょっと難しそうに書いていたり、手順が多かったりと初めての方には包丁を研ぐのは難しいのではないかと思われますよね。筆者自身が試している簡単包丁の研ぎ方をお教えしたいと思います。また、おいしい料理を作るにはやはりしっかりとした研ぎが必要です。切れ味の悪い包丁と良い包丁で作成したサラダを食べてみるとその味は明らかに分かるものです。

包丁 研ぎ方

ステンレス包丁の簡単な研ぎ方と角度

まずは研ぎに必要なものですが、砥石です。ここで注意しておきたいのが刃が欠けていたりする場合は400番程度の砥石、仕上げとして1000番の砥石を使います。数値が低いほど荒いものとなります。最初に大雑把に研いでおいて後から綺麗に仕上げとして磨いていくというようなイメージです。最近は便利なもので、両方の砥石が組み合わさって1200円程度で買えるのでオススメです。さて、この砥石をまずは水に最低でも30分程度浸しておきます。準備が完了すると、砥石の面にさらに水をかけて濡らしていよいよ研ぎに入ります。

包丁 研ぎ方

角度としてはサイトによって違いますが、お好みでぶっちゃけ大丈夫です。よく分からないという方は包丁を倒した時に、10円玉が2枚程度入るのが25度程度とされております。筆者はこの角度で研いでおります。研ぎなれている方は画像に突っ込みどころはありまくりで例えば面直しが出来ていないなどがありますがこちらについてはご容赦下さい。研ぐ部分に、指を当てて刃の付いている方向とは逆部分に力を入れて研いでいきます。戻す時は力を入れずにというのが基本です。写真の場合だと上の方向に強く研ぎます。慣れない方は上に強く研いで一旦、砥石から包丁を離して元の位置にという繰り返しの方が比較的安全かつ確実に研ぐことが可能です。

kaeri

ひたすら研いでいると「かえり」と呼ばれる部分が出来ます。研いでいる面と反対の部分を触るとザラザラとした感触があります。これが研げている証拠です。反対にして、このかえりを無くすように研いでいきます。慣れない方は、片面は20回、反対は20回と回数を決めてしまっても良いです。

包丁を研ぐ上でのコツについて

砥石で包丁を研ぐ上でのコツですが、しっかりと角度を保つことです。しかし最初は難しいものですので回数をこなして慣れるというのが正攻法です。研げる人が身近に居るならば研いだものを評価してもらうという手もあります。さらに、研ぐ人によって色々な考えがあるものです。筆者自身にも考えがあり、独特です。実は正解の研ぎ方というのは無いもので、研いでいる過程で見つかったりするという不思議な世界です。

さらに簡単に研ぐ方法

finekitchen69

シャープナーを使った研ぎですが、これは刃の寿命を縮めるためにあまりおすすめしません。一定の角度をつけて刃を上に向けたまま、包丁の付け根から先端に向かってなぞるだけです。両方とも研いだら完成です。また、刃をセットして物を切る要領でグルグルとやるものが最近の100円均一にあります。しかし、本当に刃がダメになってしまうので、せめてシャープナー、できれば砥石を使いましょう。