【9割が解消】肩こりの原因と頭痛の解消方法について!

カテゴリー
phm06_0076-s

普段から肩こりに悩まされている方は多いはずです。筆者もその一人ですが、あることをキッカケに治すことに成功しました。それでも肩こりに悩むことはありますが、これから書くことを実践していくことで悩みは解決します。不可能な場合は病院という選択肢もあります。たかが肩こりごときでと侮るべきではありません。その方法について紹介します!

phm06_0076-s

肩こりの原因を知ってみよう

肩こりの原因を探ることで解決策は見えてくるものです。

1.まずは姿勢の悪さですが、肩こりに悩む方の1つの要因として姿勢の悪さです。普段から猫背であったりすることもあります。消化器官もしっかりと動かないので、完璧に治しましょうとは言いません。まずは意識して姿勢を一定時間保つことが必要です。

2.次に多いのがストレスです。仕事や学校でトラブルがあったり、集中しなければいけない作業が続いたりと要因は様々です。そうすると人間は不思議と体が固まって肩こりも感じるようになります。

3.運動不足もありえます。普段から動かしていないところは劣化してしまいます。デスクワークを行う方は特に運動を怠りがちで筆者もこのパターンです。運動が苦手と言うのも相まっております。後述する方法で解決策は見つかるかもしれません。

4.血流が良すぎたり悪すぎたりすることです。なぜ良くても悪くてもダメなのかというと、血流が悪い場合ですと老廃物も一緒に流れてくれなくて同じところに留まるというパターンもあります。これも1つの原因ですね。逆に良すぎるという場合ですが、これが原因で起こる頭痛があります。その過程での肩こりということもありますので、こちらについても後述します。

5.枕が低すぎることです。整体師に聞いたことですが、枕が低すぎると首に負担が、かかるようです。一度見直してみましょう。

肩こりと頭痛の関係

頭痛

肩こりと頭痛をセットで悩んでいる方はとても多いです。では、なぜなのかと言うとこれは片頭痛体質か、緊張型頭痛体質であると考えられます。片頭痛体質の方は血流が良すぎるがために肩こりや脈打つような頭痛が起こったり、目の奥も一緒に痛くなったり、光がいつも以上に眩しく感じるということがあります。これに該当する方は患部を冷やしたりの対処が必要です。肩こりがくると頭痛ということが確実にあるようです。この場合は実はお風呂に入って肩こりを治すということは間違いです。この行為で悪化した体験はないでしょうか。このような場合はお薬に頼ることが必要です。緊張型頭痛の方はストレスなども起因になるようです。また、集中した作業もストレスの1つです。お風呂に入って体を休めて肩こりを解消しましょう。

病院でお薬や湿布をもらった方がいい場合

007

基本的に片頭痛による痛みを感じる方や緊張型頭痛で痛みを感じる方が病院に行ったほうが良いです。それ以外の方は湿布で対応することで可能です。緊張型頭痛についてはカロナールというお薬が処方されるでしょう。こちらについては比較的依存などの心配もありません。湿布での組み合わせで効果を発揮します。次に、片頭痛の方ですがこちらはバルプロ酸ナトリウムというものが処方されたりするようです。病院によって考え方は違いますが、このお薬を処方される方が多数です。病院の科目については麻酔科のペインクリニックと呼ばれるところが基本的な選択です。