マイナンバーについて分かりやすく、副業についてもまとめてみた

カテゴリー
maynamber_0

最近マイナンバーを中心としたニュースがあります。いつから施行されるのか、マイナンバーで起こる私達のメリット・デメリット、副業はどうなるのといった様々な皆様の疑問を分かりやすく解決します。

maynamber_0

そもそもマイナンバーって?メリットは?

マイナンバーとは住民票がある日本国民に原則一人に対して1つの番号が付与されます。社会的な保証や税に関するもの、災害対策で使われると国が発表しています。さらに、情報の統一を求めるべく使われるといった具合です。これまでに所得やそれに関わる他の公的支援に対しての管理が日本ではずさんでしたが、今回はそれを強化するためや国に対して申請の手続きの負担を減らすためのものでもあります。これまで面倒であった個人情報の記述ですが、公的機関で個人情報などを書くときに面倒な思いをしたことは多数の方が居ることでしょう。その手間も省けるというメリットがあるようです。

副業は実は可能なマイナンバー

the-reason-for-handing

副業が会社に知られてしまってはまずいと考える方も居るのではないでしょうか。これまでは何となくバレなかったという方も要注意です。しかし、これからのことを行っていくことで今までどおりの副業が可能です。それは確定申告を必ず自分で行うということです。情報の統一が確実に行われてきているこの時代に確定申告を自分で行わないということは今後は会社にバレてしまう原因になります。手渡しだからという方も要注意で、相手の会社の方が経費で落としたりすると自然とバレてしまう確率はグンとあがります。また、これらを実践しているだけでは安心ではありません。各種税金の調整が必要です。赤字申告をしてしまったためにという方も居るようです。

マイナンバーの罰則規定について分かりやすく解説

566713_37985447

マイナンバーを実施するにあたり、基本的に個人情報がさらにデータベース化されるので気をつけるべきです。個人情報保護法に絡めたマイナンバー法というのもできます。

1.特定の個人情報などを不正に漏洩した者に対する罰則
マイナンバーの利用業務に従事する者が、正当な理由も無く個人情報のファイルを提供した時には4年以下の懲役または150万以下の罰金を科せられます。

2.不正な手段を使い個人番号を取得した者に対する罰則
人を騙したり、脅したりすることで、暴行を加えること、窃盗、侵入、不正アクセスなどにより個人情報を取得した場合は3年以下の懲役または150万以下の罰金です。偽りやその他の不正な手段でマイナンバーを取得した場合は6ヶ月以下の懲役または50万以下の罰金とされています。

3.特定個人情報保護委員会の監督・指導に反した者に対する罰則
特定個人情報保護委員会からの何らかの命令を受けて、それらを無視したり、違反したりすることで2年以下の懲役または50万以下の罰金です。

4.使用人などに対する監督責任を怠った法人に対する罰則
法人などの代表者、管理者、代理人、使用人が違反行為を犯した場合は事業主も共に罰せられます。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告