【知らなかった】トマトダイエットの本当とウソ、効果を徹底的に解明!

カテゴリー
tomato

今流行っているトマトダイエットですが、確かに効果はあります。筆者の体験談を元に、現在騒がれているトマトダイエットの本当とウソを書いていきたいと思います。

tomato

あなたはどこまで知っている?トマトダイエットのウソについて


1週間で~キロ減ったというようなテレビでの放送やネットでよく書かれていますが、実はこれには大きな誤解があります。トマトはリコピンという成分によって痩せますが、これが即効性があるわけではありません。さらに、これが最大限のポイントになりますがトマトは夏の野菜です。季節野菜だけにこれには訳があり、体を冷やします。様々なダイエット方法を研究している方にはこの時点でダメだと思われますよね。ダイエットの知識は無いけど始めてみようかなと思う方へ向けて書くと、ダイエットは基本的に代謝を良くしたりするために体を温める料理を必要とします。ただし、ここでやっぱりダイエット効果はないんだと思わないでください。

これが本当のトマトダイエットだ!


カットして、お皿に盛ってサラダとして食べるだけでは実は前述の通り体を冷やすので無理です。そこで、体を冷まさなければ良い話なので、スープにしてしまうことがオススメです。基本的にトマトを温める料理が良いのです。さらに、トマトの成分自体は体を冷やすものばかりではなく、ビタミンCやビタミンEと体を温める成分も入っています。噛み砕いて説明しますと、風邪のときはビタミンCを摂取しろという言葉をよく聞くはずです。やはり体を温める成分は入っています。

痩せる成分のリコピンとは?

トマトの赤い成分の元になっているのがこのリコピンなのです。活性酸素というものを減らす働きがあります。これは人間に必要不可欠なものですが、なぜわざわざ減らすのかと言うと、そもそも活性酸素は体の殺菌を行ってくれるものです。これが増えすぎると体を過剰に消毒した状態になります。そうすると次は菌に弱くなってしまうと言う悪循環です。これらを正常に整えるためにリコピンは必要です。

夜に食べる意味、トマトジュースでもいいのか?

120823EC_tomato
夜に食べる意味は成長ホルモンとの関係があり、夜の10時から、午前2時の間で活性化されます。これが基礎代謝を上げます。夜食をどうしても食べたいという場合には便利なトマトですが、ダイエット目的ならば夜10時までには食べ終えておきたいものです。総合的なことを考えると夕食時で特に問題ありません。また、トマトジュースでもいいのかという疑問がありますが、これは筆者はオススメしません。中にはトマトジュース風味なものもあります。無駄に糖質が入っていたりとトマトもどきの飲料をトマトダイエットに取り込みたいとは思わないはずです。トマト風味のジュースになるべく気をつけましょう。

おすすめトマトダイエットメニュー3つを紹介

トマト料理はいくらでもありますが、前述の通り、温めることが基本です。これらを踏まえたメニューを紹介します。
※写真はcookpadから引用させていただいております。

・トマトスープ
177c0ea65e64b107af9b5f553b46d69a
もはやこれは定番ですね。トマトのほかに、好きな野菜も入れることができて満腹感をアップさせることが可能です。
・トマトと卵の炒め物
77bd1de88c53ac612265e1bc8275cdcb
油はなるべく引かないほうが良いでしょう。トマトを炒めてある程度火が通ってやわらかくなると卵と混ぜます。中華の素を混ぜるととてもおいしいです。そもそもは中国の一般家庭料理です。
・トマトのチーズ焼き
2aea079acadd7d892d8b6b3b9a873faf
チーズはあまりダイエットのときは乗せない方がいいですが、過剰に避けるのも問題です。気分転換に簡単なトマトのチーズ焼きも良いです。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告