波田陽区の現在の年収、月収は?youtubeで稼いでいますが・・・

カテゴリー
o0494045411453496479

着流しにギターが定着した、ギター侍のネタで10年前にブレークしたお笑いタレントの波田陽区が6月25日に放送された、フジ系列スマスマに出演しました。過去の最高月収が2800万円だったことを公開しました。小島よしおや藤崎マーケットなど一発芸人の仲間を驚かせる発言です。
o0494045411453496479

過去の最高月収について

当日は現在大ブレーク中の8.6秒バズーカーやクマムシなどの一発芸人と呼ばれる人がビストロSMAPのコーナーに集まりました。SMAP中居から最高月収の質問をされた時、後ろの列の右側に座っていた波田陽区は「ぼく、1回だけなのですが、2800万円でした」と衝撃の告白をした。周辺の一発屋芸人を、かなり驚かせました。

稼げていませんから・・・残念!

稼いだ理由についてこう語りました、持ちネタである【~~ですから…残念!】のフレーズ。これが大ブレークした2004年から2005年にかけて流行っていた着ボイスで「朝ですから…残念!」という着ボイスを販売したところ、著作権などでたくさん儲けたとのこと。その当時はたくさんのお金を手にしましたが、「全部、今はありません」と残念ながら、使い果たしてしまったことを語っていました。波田陽区は去年の秋からYouTubeに様々なネタ動画を投稿しました。ネタについては、つまらない、面白くないと低評価とコメントをつけられて心配されていることがネット上での話題でもちきりとなりました。その日、この番組に出演した一発芸人は各々の最高月収を告白しました。レイザーラモンHGの最高は「1200万円の1回きりですが」と、大きなお腹を出した状態で軽やかに踊り、パラパラで大ブレークした長州小力は「2000万円。映像とかいろいろな収入で」と当時の収入を告白していました。

YouTubeでの酷評の数々

波田陽区 youtube

hata2